操る、というよりも、押し出すといった感じですが。 先日銅メダルを獲得した、日本女子カーリング代表、車椅子カーリング日本代表とともに、猫カーリング日本代表が氷上を席巻する日は近いのかもしれません。まずはアメリカのある家で開催された練習の模様をどうぞ。
ブラシでリンクをこするのではなく、ブラシで押し出す猫カーリング。ストーン役の猫の尻尾はゆらゆらり。楽しげに揺れながら、滑った後は自ら進んで元に戻る機能を搭載している模様です。リンクの側には、カリカリ皿も置いてありましたので、恐らく、動画撮影終了後には、毎日恒例のもぐもぐタイムもあったものと思われます。車椅子カーリングとともに、ぜひとも普及していただきたいです。 [The latest American sport… CAT CURLING!!!/YouTube]

【関連記事】
倒れるかと思わせておいて倒れぬ猫、見事なバランス感覚で
水道で水分補給する律儀な猫、飲み終えたあとに蛇口を閉める
温々と毛布に包まるシャム猫4匹、見ているこちらも眠りの園へ

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「ブラシで操る猫カーリング、ストーンは自動で帰還して