ペットについてはここで

Horizontal shot of a handsome cheerful young male veterinarian smiling to the camera holding an adorable puppy copyspace emotions profession occupation job employment worker pet care medicine.

Nestor Rizhniak/shutterstock.com

ペットを飼っていると、困ったこと、悩んでしまうこと、ありますよね。

今の時代はネットで調べたりすることも出来ますが、実際にペットを見てみないとわからないことも多いです。

特に病気の疑いがある場合は、どれだけネットで調べたとしてもそれで治ることはありません。

病院に行くのは面倒だと感じてしまう人もいますが、大切な家族のためであれば足を運ぶことは出来るはずです。

どんな病院があるのかわからないという人のために、千葉県習志野市にある動物病院を紹介します。

谷津どうぶつ病院

yatsu-pet.com

千葉県習志野市にあるおすすめの動物病院1つ目は、「谷津どうぶつ病院」です。

谷津どうぶつ病院は、千葉県習志野市谷津にあります。

犬、猫、ウサギを中心に診察しており、 察時間外、休診日でも可能な限り対応しています。

「病には厳しく、動物には優しく、人には丁寧に」を信念に毎日の診察を行っています。

病気をしっかりと治して、飼い主はもちろんペットにも笑顔になってもらうことが願いです。

そのため新しい獣医療、知識を提供できるよう、積極的に学会参加しており、飼い主の些細な悩みにもしっかりと耳を傾けています。

飼い主にも納得した治療を心掛けているので、病気のことや治療方法などは丁寧に説明します。

医療は難しいから資格もなく、勉強もしていない飼い主には理解出来ないものではないか?と思っている人も少なくありません。

ですが、きちんと分かりやすく説明すれば、どんな飼い主でもペットの状態について、そしてどんな治療をしていくのか、これからどんな風になっていくのかというのは理解することが出来ます。

飼い主の不安が大きくなってしまうことのないように、理解を深めてもらいながら治療を進めていきます。

受付では、スタッフが明るく、そして優しく迎えてくれますので、初めての人でも緊張せずに受付を済ませることが出来ます。

待合室は、ゆったりと座れるよう隣席との距離を長めにとってあります。

リラックスしながら診察までの時間を過ごして下さいね。

2017年4月から、猫専用シートを用意しました。

入口から一番奥のシートが猫専用になっており、ここで猫ちゃんをリラックスさせることが出来ます。

猫ちゃんにとっても病院は緊張してしまう場所なので、少しでもその緊張がほぐれるようにしています。

わんちゃんがこのスペースに入ることは禁止しているので、わんちゃんと猫ちゃんのトラブルも回避できます。

待合が込み合っている時や、ほかの動物との接触が苦手な子には、外で待ってもらうことも可能です。

第一診察室は、主に犬の診察に使用します。

カートのままでも入ることができます。

第二診察室は、主に猫の診察に使用します。

猫ちゃんが緊張しないよう、小さめの部屋にしてあります。

診察室を分けることによって、わんちゃんも猫ちゃんも安心して診察することが出来ます。

また、診察室は清潔を保っているので、病気が感染してしまうという心配もありません。

処置スペースは、第一、第二診察室から続くスペースで、さまざまな処置を行います。

右奥にはゲージを設置しており、重症患者は常に目の届く、このケージ内に入院します。

緊急時や麻酔を必要とする処置にも対応できるように酸素の配管も完備しています。

手術室は、大型犬にも対応できるよう大きめの手術台を設置しています。

犬入院室は、犬専用のお部屋になっており、猫とは完全に別のお部屋です。

大型犬用パドックは、一般的な犬用ホテルでは対応できないときに使用します。

体重が20kgを超える犬はこちらを利用することが多いです。

高さ制限がないので、とても開放的で閉塞感がありません。

大型犬でも広々使えます。

猫入院室は、猫専用で、どんな猫ちゃんでも対応できる広さを確保しています。

診察や治療の際には様々な機械を使用することがあります。

顕微鏡は、尿検査、糞便検査、被毛検査など各種検査のときに使用します。

眼圧計測器は、眼内の圧力を計測する機械です。

点眼麻酔を必要とせず、その場ですぐに計測することが可能です。

手持ち細隙灯(kowa SL-15)は、角膜、虹彩、水晶体等の詳細な観察ができます。

デジタルレントゲン装置は、現像する必要がなく、飼い主やペットを待たせる時間を大幅に短縮することができます。

また、デジタル化したデータを画像診断医に送り、より詳しい診断が可能になります。

動物専用麻酔モニターは、手術中の心電図、酸素分圧、二酸化炭素分圧などをモニターする機械です。

安全に麻酔をかけるには欠かせません。

血液検査(血液生化学検査、血球計算検査)、犬パルボウイルス検査、犬コロナウイルス検査、猫エイズ/ 猫白血病(FIV/FeLV)検査、ジアルジア検査、糞便検査、尿検査は、10~30分程で結果を伝えられます。

検査の種類によっては検査センターに依頼することがあります。

ペットホテルサービスは、こちらの病院の患者に対するサービスです。

初めてペットホテルを利用される際には、事前の診察が必要になります。

ペットホテル中に下痢や食欲不振、その他疾病が発症し獣医師が治療を必要と判断した場合には、連絡をした後に治療を開始します。

ただし、救急を要すると獣医師が判断した場合には、直ちに治療を開始します。

ペットにストレスを抱えさせないように、自宅にいる時のようにお世話をしていきますので、飼い主は安心して預けられます。

  • 谷津どうぶつ病院
    白を基調としたシンプルでかわいい待合室は、ゆっくり過ごすことができます!
    スタッフさんも明るく気さくな方ばかりなので、安心です!
詳細はこちらから

千葉seaside動物病院

chibaseaside.com

千葉県習志野市にあるおすすめの動物病院2つ目は、「千葉seaside動物病院」です。

千葉seaside動物病院は、千葉県習志野市津田沼にあります。

予防医療、一般診療を基盤に地域に寄り添った医療に加え、眼科、整形外科・神経外科、腫瘍科などの専門分野において高度医療を提供し、習志野市・船橋市・千葉市など、千葉全域の動物医療の要となる動物病院を目指しています。

言葉を持たない動物だからこそ「家族のとの対話」、「十分な説明と同意」、「根拠に基づいた治療」を大切にしています。

また、獣医師・看護師の育成による病院全体の医療レベルの向上とチーム医療に力を入れて取り組み、大切な家族を安心して預けられる環境をつくっています。

一般外科手術から特殊な外科手術にいたるまで多くの手術実績を持った獣医師が執刀にあたります。

「より良い治療を受けさせたい」、「最も最先端の医療を受けさせたい」、ご家族の皆様の求めるものに応えるために、知識、技術の研磨にたゆまぬ努力を続けています。

こちらでは、症状に応じて専門科で対応しています。

長く続く下痢や嘔吐の場合、ホルモン異常や免疫異常、腫瘍が隠れていることもあります。

消化器科では、糞便検査、超音波検査、内視鏡検査など用い、原因を追求していきます。

近年、動物の長寿化に伴って心臓病が増える傾向にあります。

心臓病は適切な時期に適切な薬を飲むことで進行を遅らせることが出来ます。

循環器科では、そのような症状について詳しく説明し、対処していきます。

若齢では膀胱炎や腎・尿管・膀胱結石が多く高齢になってくると腎機能低下、膀胱腫瘍などが多くなってきます。

腎・泌尿器科では、尿検査、血液検査、画像検査を行うことで早期に異常を検出出来ます。

皮膚病はひとつの原因で起こることもありますが、多くの場合が複数の要因が組合わさって起こります。

アレルギー性皮膚炎の場合、生涯にわたる治療が必要になることもあるため、皮膚科では、その子にあった治療を見つけ対処します。

歯石除去、歯垢除去は口臭予防だけでなく人と同じく健康維持に重要です。

歯科では、無麻酔下での簡易的スケーリングと、麻酔下での超音波スケーリングを行っています。

高度医療の眼科では、専門的な検査・診断・治療を行っております。

視覚経路の検査は、視覚経路・反射経路の評価を行います。

スリット検査は、眼球を拡大しながら眼の表面から順番に観察していきます。

シルマー試験は、涙液量の評価を行います。

眼圧検査で緑内障の評価、眼底検査で網膜の評価、超音波検査では、眼球内部の評価を行います。

整形外科では、疾患、神経疾患における専門的な検査、診断を行っています。

診断に基づいて内科的治療、外科的治療、理学療法を提供します。

また、関連する食事管理やサプリメント、生活指導も丁寧に行います。

歩様検査、血液検査など一般スクリーニング検査を行い、跛行や挙上の原因が整形外科的疾患か絞ります。

腫瘍の場合は、腫瘍科での処置に変わります。

整形外科・神経外科では、整形外科的検査触診による検査を行います。

神経学的検査では、神経病学会のガイドライに沿った神経学的検査を行います。

レントゲン検査は、骨や関節の評価、軟部組織評価を、超音波検査では、関節(靭帯、軟骨、筋肉、半月板、関節液貯留)の評価を行います。

追加検査は、確定診断のため脳脊髄液検査、関節液検査、免疫学的検査を追加する場合があります。

CT、MRI検査は、椎間板ヘルニア(頚部、胸腰部)、脳神経疾患、重度関節疾患などで行う必要があります。

ペットホテルでは、お預かり中のわんちゃん、猫ちゃんに対して健康チェックを毎日行います。

わんちゃん専用と猫ちゃん専用のお部屋があるので、安全ですし、お互いにリラックスした状態で過ごすことが出来ます。

24時間冷暖房・空気清浄機完備の快適なお部屋なので、季節を問わず、わんちゃんにとっても猫ちゃんにとっても快適を提供しています。

散歩は朝、夜2回行っており、天気の良い日は、近くの公園で走り回ったり、雨の日は、病院内の広いスペースを使ってたくさん運動します。

できるだけお家と同じ環境作りを心掛けているので、「いつものご飯」「いつものお気に入り」 の持参をお願いしています。

  • 千葉seaside動物病院
    院内は、シックな雰囲気があり、大型犬のワンちゃんでもゆっくり過ごせるように広くなっています!
    夜間救急も対応しているので、安心です!
詳細はこちらから

色んなことに対応している動物病院

千葉県習志野市にあるおすすめの動物病院を紹介しました。

高度医療に取り組んでいる病院もあり、そしてペットホテルとしても利用することが出来る病院もあるので、どんな時にも気軽に利用出来ますね。

ペットのためにも、是非千葉県習志野市の動物病院に足を運んでみて下さい。

情報提供元:mofmo
記事名:「飼い主の強い味方に!千葉県習志野市の動物病院に行こう!