タレント業から政治家へ転身する方は非常に多く、上げていけばキリがないですがその中でもベテランの域に達するほど長い期間政治家として活動なさっている三原じゅん子さん。そんな三原じゅん子さんが自民党女性局の役員紹介したツイートについた一つのリプライから意外過ぎることが発覚してしまいました。

キッカケとなったツイートとリプライ

事の発端は、自民党女性局がツイートした組織図に関するツイート。こちらの組織図に対しとある投稿者が『こんなんが政権握ってりゃ世の中、良くなる訳ない…。』とぼやいたところ、なんと三原じゅん子氏がとんでもない発言をしてしまったのです。

政権を握っているのは総理大臣だけ...?

三原じゅん子議員は自民党に所属していらっしゃいますので、議院内閣制のもとでは、選挙を通じて議会で多数を得た自民党が政権を担当する、すなわち三原さんは政権を担当している政党に所属しているわけで...一体このツイートの真意は?

これに対して総ツッコミ体制が始まる

たしかに、一連の流れを見るとこのようにとらえる方がいてもおかしくないかもしれませんね。

どちらにしてもあまりにもな発言という説。

こちら、義務教育内である小学校6年生で習うとても基本的な、おそらく大多数の日本人は理解していることです。

神奈川選挙区...頼みます。

当然まともな候補者もいますが、あまりにも...というタレント上がりの候補者がこれ以上増えないで欲しいとネット上では多数の書き込みが増える事態に既に繋がってしまっていますが、これからこの発言の行く末は果たしてどうなってしまうのでしょうか。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「三原じゅん子氏、なんと議院内閣制すら知らずに国会議員をやっていたと話題に