漢字というものは日本人にとっても最も重要な言語であり、我々の身近な言葉でもあります。しかしながらその汎用性と多様性が半端なく多く、もはや全貌を把握している人は居ないのではないかと言えるレベルに達しております。そんな漢字の中でこちらのジャンルは特に難しいのではないでしょうか。

難しい畳語「否否」

ということで今回の問題がスラスラ読めたら、漢字検定1級レベルと言っても過言ではないのです。早速読んでみるとこれは「ひ・ひ」?ではありません。答えは後ほど紹介いたします。

犇犇

これは(うしうし)ではありません。牛とは全く関係ありません。

愈愈

葱っぽいですが、ネギではありません。

唯唯

もはやこれを使う時が来るのだろうか、と言えるレベル。

段段

簡単だろう、だんだん?

いえいえ全く違います。このように同じ用語が続くことで突如難しくなるのは、やはりこの漢字の連なりが見覚えがなさすぎるからではないでしょうか。

ということで答えは以下になります。

否否(いないな) 犇犇(ひしひし) 愈愈(いよいよ) 唯唯(おお) 段段(きだきだ)

意外に最も使えそうなのは「ヒシヒシ」でしょうかね。犇犇と感じる。

入っているとヤバい漢字も話題になりました

漢字は覚えておくと非常に効果的に活用できますね。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「読めたら漢字検定1級レベルの畳語問題