北海道富良野市にある”halu CAFE”のダッチベイビーパンケーキです。ダッチベイビーパンケーキは、生地をスキレットに流し込んでそのままダッチオーブンで焼き上げるのだそうです。生地にはベーキングパウダーを使用していないため、オーブンから取り出した瞬間からパンケーキは小さくなっていくそうです。それでも目の前に置かれたパンケーキは大きくて、卵や牛乳の香りがただよってきました。

3種類の自家製ジャム添えのパンケーキを注文しました。

パンケーキに添えるものには、レモン、メープル、生クリーム、チーズなどもあるようでしたが、3種類の自家製のジャムが添えられているパンケーキを注文しました。何種類かあるジャムの中から好みのものを3種類選ぶことができます。写真に写っているジャムは、左からリンゴ、ハスカップ、いちごです。

最初は何もつけずに食べてみました。

ジャムをつける前に、先ずは生地そのものの味を試してみました。ベーキングパウダーを使用しているわけではないので、ふんわりとした食感はありません。どちらかというと、ちょっと厚めのクレープを食べているような感じです。独特の食感が何とも言えない美味しさを感じさせてくれて癖になってしまいそうです。

写真を見るとわかるのですが、パンケーキの大きさは、確かに最初よりも小さくなっています。

次は3種類のジャムと生地の相性を確かめてみようと思い、3種類全部のジャムを生地の上に少しずつのせてみました。ジャムの部分がよく見えないかもしれません。ジャムの部分をもう少し大きくしてみましょう。

パンケーキの美味しそうな姿が伝わるでしょうか。

中央あたりに見える白いものは粉砂糖です。イチゴやハスカップは果実を丸ごと使っています。リンゴは丸ごとではありませんが食感は残っています。生地はどのジャムとも相性ピッタリです。市販のジャムとは違って甘さは控えめでした。パンケーキが大きく見えるようになったので、ストレートに美味しさが伝わってくるような気がします。

ボリューム満点でした。

目の前に置かれたときから、「大きいなぁ。」と思っていましたが、実際にかなりのボリュームがありました。昼食を摂っていませんでしたが、十分に昼食になりました。

パンケーキの周囲と真ん中部分では食感が違っていました。周囲はカリカリとしていました。それとは反対に真ん中部分はしっとりとしていました。1枚のパンケーキで異なる食感を楽しめるというのも、ダッチベイビーパンケーキを食べる時の楽しさでしょうか。

メニューを見てしまうと、迷ってしまいます。

メニューの写真は、どれも美味しそうに写っていて全部食べてみたくなります。ダッチベイビーチーズも人気があるそうです。チーズがたっぷりとのっていて、とても美味しそうです。

メニューは木の板に貼られています。

メニューを貼っている木の板をよく見て下さい。とてもオシャレな板です。”CAFE halu”という文字が見えています。料理ばかりではなく、こんなところにも気配りをしているなんて、お店の方の心意気が伝わって来るようでした。

ジャムや小物が置かれていました。

カフェの中には、ジャムや小物が置かれている場所もありました。ひとつひとつがかわいらしくて、楽しい時間を過ごすことができました。希望すると購入することもできるようです。手作りのドライフラワーもいい感じです。

haru CAFEの建物です。

旭川市から富良野市へ向かう国道の右手にある丘の少し上に、このカフェがありました。外から見ると、つい入って見たくなるような建物でした。丘の上にある建物なので、目の前に広がる山や畑の景色も大変美しかったです。

このカフェは、富良野市の市街地あるわけではありません。どちらかというと富良野市の入り口あたりにあり、中富良野町のすぐ隣にあります。そこで見つけたオシャレで美味しいカフェ。なんだか得をした気持ちになってしまいました。

halu CAFE 公式ページ:http://www.halufurano.jp/

富良野市は全国から多くの観光客がやってきます。北海道の美味しい食べ物や風景を楽しむためにやって来るのでしょうか。中富良野町でしか買うことのできないバウムムクーヘン の素朴な味にも北海道らしさを感じられるかも知れません。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「癖になるほど美味い!北海道のパンケーキ屋「halu CAFE 」がシャレオツ過ぎる件