アナと雪の女王2が大ヒット上映中で、何度も見返しているリピーターの人も多くいるほど人気のあるディズニー映画となっています。しかし、アナ役の神田沙也加さんが公開前に離婚していた事が明らかとなりアナ雪人気に影を落とす事態となりました。実はアナと雪の女王に関わった人が次々と不幸になっている事を受け、ネット上ではアナ雪には呪いが掛けられているのではないかという不穏な噂が流れているのです。それでは、アナ雪に関わった人達の転落についてご紹介していきたいと思います。

1.ピエール瀧がコカインで逮捕

オラフ役を担当していたピエール瀧さんが、コカイン使用の疑いで逮捕されました。
声優が交代され、アナ雪2のオラフは武内駿輔さんに変更となりました。

2.May.J干され疑惑

前作アナと雪の女王ではエンドソングを担当し、見事なレットイットゴーを披露しました。
当然アナ雪2のエンドソングも担当するのかと思いきや、デビュー前の新人歌手、中元みずきさんにその座を奪われてしまいディズニーから干されてしまったと噂されたのです。

3.漫画家大量ステマ疑惑

アナ雪2を宣伝するような漫画が、ほぼ同時刻に多数の漫画家のツイッターアカウントからアップされたことでステマ疑惑が浮上しました。
ネット上で炎上する事態となり、一部の漫画家が謝罪に追い込まれる事態に発展したのです。

4.神田沙也加が離婚で不倫疑惑

2017年に俳優の村田充さんと結婚した神田沙也加さんですが、アナ雪2公開前に離婚していた事が明らかとなりました。
既にジャニーズJr.の新しい彼氏の存在が明らかとなっていることから、不倫による離婚ではないかと憶測が流れています。

このように、アナと雪の女王に関わった人達が次々と不幸になっていることから、「アナ雪の呪い」とまで言われる事態に発展してしまったのです。

これが本当に呪いなのか、全てはイントゥ・ジ・アンノウン・・・。

画像掲載元 秒刊サンデー

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「アナ雪関係者が次々不幸になるアナ雪の呪いが怖すぎると話題に