ベルリン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- メルキュール・ホテルMOAベルリンは、熱を発生させる際にCO2収支がマイナスとなる世界初のホテル・イベント会場になろうとしています。グラフォースが開発したメタン・プラズマ分解技術を活用し、MOAベルリンはCO2を排出することなく熱を生成するだけでなく、熱を得ながら大気から二酸化炭素を抽出できるようになります。この「MOA-H2eat」ソリューションは先日、ドイツ・ガス産業イノベーション賞を受賞しました。その理由は、「暖房市場に変革をもたらし、分散型の脱炭素化に貢献するアプローチ」にあると審査委員会は述べています。



MOAベルリンは現在天然ガスの使用をやめ、バイオガスから得られた水素を使って熱を発生させています。メタン・プラズマ分解は、バイオガスを水素と固体炭素に分離する技術です。再生可能エネルギーによる電力を使用するメタン・プラズマ分解は電気分解と同じぐらい環境にやさしく、一方でコストは大幅に低くなります。

MOAベルリンは排出ゼロの熱供給プロセスに、グリーン水素とバイオガスの混合物を燃料とする改良型のガス凝縮ボイラーを使っています。混合の割合はメタン・プラズマ分解器によって管理されています。熱生産は水素30 vol%、バイオガス70 vol%で開始します。今後数カ月間で、水素の割合を徐々に増やしていきます。

固体炭素は工業原料として塗料やセラミック、またはMOAベルリンのケースのようにアスファルトの製造に用いることができます。こうして二酸化炭素が永続的に固定されます。グラフォースは、世界初の市場投入可能なCO2削減技術と、物議を醸しているCCS貯留のグリーンな代替手段を提供しています。

以前MOAベルリンで使われていたガスヒーターは、年間最大800トンのCO2を排出していたと考えられます。これだけの量を大気から吸収するためには、6万5000本以上の木が必要です。

グラフォースの創設者でCTOのイェンス・ハンケ博士は次のように述べています。「地球温暖化を食い止めるためには、2050年までに、CO2を全く排出しない熱と温水の生成を実現する必要があります。これを達成する方法は2つあります。再生可能な電力のみで熱を得るか、水素などの炭素を含まない代替物を使って天然ガスの供給を脱炭素化するかです。」

紹介

ドイツ企業のグラフォースは、残余物から低コストでグリーン水素やその他の有益な産業ガスを生成する新しいプラズマ応用技術を開発しました。www.graforce.com/EN

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Graforce GmbH
Dr. Jens Hanke
Phone: +49 30 - 63 2222-110
presse@graforce.de

情報提供元:
記事名:「グラフォースとベルリンのホテルがネガティブ・エミッション技術を発表