JR東日本は、2021年度に線区単位で21駅にホームドアを整備する。

2020年度末までに、山手線や京浜東北・根岸線を中心に、線区単位で72駅142番線でホームドアの整備を完了している。2020年2月には蕨駅で、工期が短く新婦つかつ軽量化した「スマートホームドア」を初めて導入した。

2021年度には、田端・山手・長津田・橋本・新横浜・大口・菊名・錦糸町・浅草橋・西船橋・大久保・下総中山・水道橋・馬橋・北松戸・南柏・柏・北柏・北小金・新松戸・武蔵小杉の各駅に導入する。

JR東日本では、2032年度末ごろまでに、東京圏在来線の主要路線全駅にあたる243駅、線区単位では330駅にホームドアを導入することを目標として整備を進めている。

情報提供元:Traicy
記事名:「JR東日本、21駅にホームドア整備 2021年度計画