北海道新幹線

国土交通省は、年末年始期間に、北海道新幹線の青函トンネル内にて、時速210キロでの運転を実施すると発表した。

約54キロの青函トンネル内の区間を、現行時速160キロのところ、時速210キロで走行し、所要時間を約3分短縮する。貨物列車の運行本数の少ない、12月31日から2021年1月4日まで実施する。始発から午後3時30分頃までの間に青函トンネルを走行する上下各7本が対象。新幹線高速走行中の貨物列車の誤進入を防止するシステムや、高速確認車の開発、レールの削正、高速走行試験による安全性の確認などを踏まえ、実施する。

詳細なダイヤ等については、後日JR北海道が発表する。

情報提供元:Traicy
記事名:「北海道新幹線、年末年始に青函トンネルで時速210キロ運転 所要時間約3分短縮