4月7日、TOYOTA GAZOO Racingは、「コペンGR SPORT」を一部改良し、5月10日に発売すると発表した。税込車両価格はCVT車が238万2200円、5速MT車が243万7200円。

ダイハツとの協業によって走りを追求した軽オープン2シータースポーツが安全性を向上

2019年5月に発売された「コペンGR SPORT」は、TOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ「GR」初となる軽規格の2シーターオープンスポーツで、ダイハツが、TOYOTA GAZOO Racingのモータースポーツ活動を通じて培った知見を開発に活かしたOEM供給車となる。



両社互いにメーカーという垣根を取り払い「もっといいクルマづくり」を目指して、トヨタの商品ラインアップにはないライトウェイトスポーツ「コペン」と「GR」が理想とする走りの味を融合。路面や車体の挙動をダイレクトに感じられ、スポーツカーらしいハードな乗り心地が楽しめる「コペン」の可能性をさらに広げ、気軽にスポーツドライブを楽しめる「GR」のエントリーモデルとして誕生した。



具体的には、ボディ剛性や足まわりのチューニングを中心に開発され、フロントブレース追加やセンターブレースの形状変更などボディの最適な剛性バランスを実現。その造り込んだボディ剛性に対して、サスペンションのスプリングレートを最適化し、専用のショックアブソーバーとの組み合わせによって、しなやかな動きと接地感のあるフラットな乗り味を追求している。



このたびの一部改良では、照度センサーによる自動点灯・消灯を行うコンライト(オートライト)が標準装備され、安全性を向上させている。

●トヨタ公式WEBサイト「コペンGR SPORT」

情報提供元:MotorFan
記事名:「 トヨタ「コペンGR SPORT」が一部改良でオートライト機能を標準装備! 税込238万2200円〜で5月10日に発売