前後にABS(アンチロックブレーキシステム)を装備し、“燃費・環境性能”の両立を高次元で具現化させる、ヤマハ独自のエンジン設計思想"BLUE CORE"(ブルーコア)に基づき設計された155ccエンジンを搭載するNMAX155。高速道路も快適に利用できるパワフルさと、40万円を切る価格帯が魅力だ。



REPORT●千輪 毅(CHIWA Tsuyoshi)

PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)

ヤマハ・NMAX155.....38万5000円

二眼ヘッドランプやシャープなフロントのデザイン、前後ブレーキにはABSを装備し、エンジンはヤマハ独自のエンジン設計思想、BLUE COREに基づいた開発が行われた155cc。

車体色は写真のホワイトメタリック6のほか、ブルー系とグレー系の2色が設定される。

足つきも良く、バンクさせやすくて市街地に見事にマッチする。

 跨ってみると、765mmと低めのシート高は足つき性が良く、身長170cmの私でも両足が踵まで着くため安心感が高い。この低めのシート高が低重心をもたらし、ハンドルの位置も適度な高さのため、低速域でも不安なく車体を寝かしていくことができる。特にUターンなどは得意中の得意だ。



 このクラスでは軽量と言える128kgの車体も走りの俊敏性と軽快感に直結している。また、車体を押して歩くような場合も、軽量さが感じられて市街地での利便性の良さを実感できた。

 パワフルさはもちろん、燃費や環境性能にも配慮されたヤマハ独自のブルーコアエンジンは、低中速のアクセルレスポンスが抜群によく、試乗し始めたばかりの数分間はギクシャクしてしまったほど。ただし数分乗っていれば、丁寧なアクセルワークによってスムースに走行することができるし、機敏に走りたいときには、このレスポンスの良さが武器になってくる。



 オフセットシリンダーや可変バルブシステムを採用した高効率燃焼が促進されたエンジンだが、エンジン音や振動は比較的大きい。ボアアップして駆動系のセッティングを施した車両のような活発なフィーリングで、レスポンスの良さと相まってスポーティなイメージが助長される。



 高速道路では100km/hまでの加速力が素晴らしく、100km/hを超えてからは高回転を使用して110km/hくらいまで引っ張っていく。高速道路で遭遇する程度のギャップはほとんど気にならないくらい安定していて、高速コーナーもバイクを寝かせていくことに不安がない。これらの要因により、コーナリング中にラインを変更するのも苦にはならないのだ。

 サスペンションは適度な硬さと減衰力で仕上げられており、加えてシートも適度な硬さなので、長時間のライディングでも、お尻が痛くなることもない。



 ハンドル下の収納はオープンタイプで物を入れやすく、500mℓのペットボトルも入るので便利だが、フタがないため、雨天時や防犯には気を付けたい。



 大き目のグラブバーはパッセンジャーの疲労軽減にもなるし、センタースタンドを使用する時や、駐車位置を微調整したい場合にも有効に使用できる。



 24ℓ容量のシート下スペースに不満はないものの、シートの開く角度はもう少し大きくてもいいかもしれない。また、前後のABSは発展途上という感じで、タイヤがスリップするほどブレーキを握りこむと、強制的にブレーキを解除するが、その反動がレバーに伝わってくるので唐突感があり、実際の制動距離も短くなっているのかが判断しにくい。

 市街地などの狭い場所を通過するときは、バーエンド間72cm、ミラーの先端での幅81cmと、同クラスのライバルより狭くなっているので比較的走りやすい。



 ただし、バーエンド間の幅よりミラー先端の幅が9cmも広いので、バーエンド間の72cmにミラーの先端幅を合わせるように、小型のミラーに変更すれば、さらに市街地での戦力は上がるだろう。

ライディングポジション&足着き性(170cm/63kg)

ライディングポジションはゆったりとラクな姿勢で、長距離ツーリングでも疲れにくいだろう。
足着き性はとても良好で、両足が踵まで着くので安心感がある。背の低い人にもおすすめしたい。

デティール解説

フロントブレーキは油圧式シングルディスクブレーキ。アンチロックブレーキシステム(ABS)も搭載している。
リヤも油圧ディスクブレーキだが、ディスクローターの径はフロントより小型。ABS作動時はブレーキレバーにダイレクトに振動が伝わってくる。
立体的なオーバルデザインが採用されたフル液晶マルチファンクションメーター。白色LEDバックライトの採用により、視認性の向上が図られている。
メインキーはエンジンのON/OFFとシートオープン、ハンドルロックのすべてを行う。イタズラ防止に効果的なキーシャッターも搭載。
給油口は足元に配置。シートを開けることなく給油できるので便利だ。ガソリンタンク容量は6.6ℓ。
ヘルメット1個と小物が収納可能な24ℓ容量のシート下トランク。

NMAX155 主要諸元

認定型式/原動機打刻型式 2BK-SG50J/G3J4E

全長/全幅/全高 1,955mm/740mm/1,115mm

シート高   765mm

軸間距離   1,350mm

最低地上高 135mm

車両重量   128kg

燃料消費率

 国土交通省届出値 定地燃費値 49.9km/L(60km/h) 2名乗車時

 WMTCモード値 41.7km/L(クラス2, サブクラス2-1) 1名乗車時

原動機種類 水冷・4ストローク・SOHC・4バルブ

気筒数配列 単気筒

総排気量  155cm3

内径×行程 58.0mm×58.7mm

圧縮比   10.5:1

最高出力  11kW(15PS)/8,000r/min

最大トルク 14N・m(1.4kgf・m)/6,000r/min

始動方式 セルフ式

潤滑方式 ウェットサンプ

エンジンオイル容量 1.00L

燃料タンク容量   6.6L(無鉛レギュラーガソリン指定)

吸気・燃料装置/燃料供給方式 フューエルインジェクション

点火方式 TCI(トランジスタ式)

バッテリー容量/型式 12V, 6.0Ah(10HR)/YTZ7V

1次減速比/2次減速比 1.000/10.208

クラッチ形式 乾式,遠心,シュー

変速装置/変速方式 Vベルト式無段変速/オートマチック

変速比        2.248〜0.708:無段変速

フレーム形式      バックボーン

キャスター/トレール  26°00′/92mm

タイヤサイズ(前/後)

 110/70-13M/C 48P(チューブレス)

 130/70-13M/C 57P(チューブレス)

制動装置形式(前/後)

 油圧式シングルディスクブレーキ

 油圧式シングルディスクブレーキ

懸架方式(前/後) テレスコピック/ユニットスイング

ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ LED/LED

乗車定員 2名

情報提供元:MotorFan
記事名:「 軽めの車体と、低めのシート高。Uターンもけっこう得意!|ヤマハ NMAX155試乗