スズキはこのほど、11月7日から15日に東京都渋谷区内で開催されている「ソーシャル・イノベーション・ウィーク(SIW)2020」(主催:SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 実行委員会)に参加し、新たに試作した可変電動アシストカート「KUPO」と、セニアカーの体験試乗等を実施すると発表した。

ユーザー視点の多様な生活支援モビリティの開発に取り組んでいることを紹介

体験試乗会は、SIWの会場のひとつ「渋谷キャスト前 屋外広場」のスズキ展示スペースで、11月13日〜15日の3日間を予定。今回出展する「KUPO」は、2018年に初代コンセプトモデルを発表して以来、改良を重ねた3代目モデルである。生活を支援し、歩く嬉しさを提案する「歩く・広がるモビリティ」として開発し、歩行を補助する電動アシストカートから電動車いすに変形することで、乗って移動することもできる。



今回出展する3代目モデルの「KUPO」は、フレーム構造を見直してコンパクトな車体とし、軽量化と取り回しの向上を実施。また、電動アシストカート、電動車いすの操作が自然な感じにできるようアシスト機能を向上させている。



SIWへの出展、体験試乗等を通してスズキは、ユーザー視点の多様な生活支援モビリティの開発に取り組んでいることを紹介するとともに、幅広いカスタマーより直接意見をもらい「KUPO」や今後の車両開発に結び付けていく。



また、2020年11月より静岡県浜松市で実証実験を開始した、クルマを個人オフィスに、駐車場をコワーキングスペースに活用した「浜松テレワークパーク」で提案している「ハスラー ワーケーションスタイルコンセプト」と「エブリイワゴン ナチュラルオフィスカーコンセプト」の2台を参考出品する。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 スズキが「ソーシャル・イノベーション・ウィーク2020」に歩く・広がるモビリティ「KUPO」を出展!