30系アルファード&ヴェルファイア
【連載】純正ディスプレイオーディオ(DA)攻略術【第6弾_最終回】

現行のアルファード&ヴェルファイアに問答無用で装着されているディスプレイオーディオ。いままで社外ナビを使ってきた人、スピーカー交換やフリップダウンモニターを追加したい人にとってはとってもストレスになってしまうトコロ。そこで、純正DAとうまく付き合う方法から、純正DAを取り外してどこまでカスタムできるかを連載で紹介! 第六弾、最終回は純正ディスプレイオーディオのままでもできるサウンドアップ、スピーカー交換です。

Sonic Design/ソニックデザイン
純正ディスプレイオーディオのままサウンドをバージョンアップ!

ソニックデザイン ビートソニック アルファード ヴェルファイア 専用 スピーカー ディスプレイオーディオ


アルファード&ヴェルファイア専用設計のスピーカーで
上質なリスニング空間を実現

アルファード&ヴェルファイアが持つ静かで広い快適な室内空間を、より過ごしやすい場所にするために検討したいのが、サウンドのアップグレードだろう。

車内で音楽を楽しむときはもちろん、リアモニターなどを設置して後部座席に座る家族やVIPをおもてなしする際にも力を発揮してくれる。

今後ヘッドユニットの交換を考えているとしても、最初にスピーカーをアップグレードするのは効果的といえるし、純正のヘッドユニット装着車やディスプレイオーディオ車にとってもその効果は絶大だ。

とはいえメーカーオプションのJBLプレミアムサウンドシステムがセットで70万円前後という高額品だし、そもそもメーカーオプションだから後付けは不可能。

それであれば、ちょっと奮発して専用設計されたスピーカーをインストールするという選択肢も大いにアリだろう。

そこで今回はソニックデザインからリリースされているアルファード&ヴェルファイア専用設計のスピーカーをクローズアップ!

■■フロントスピーカー SP-T300M■■

新開発のG字型チューニングポート「G-チューナー」をウーファー用エンクロージュアに装備し、低音の再生範囲を拡大している。

「【30系トヨタ・アルファード&ヴェルファイア純正ディスプレイオーディオ攻略】最終回は純正DAのままでもできるサウンドアップ|AVN カスタム」の1枚めの画像音のリアリティを一新する「Gチューナー」を採用したウーファーとツイーター、専用ネットワークがセットになっている。

専用のネットワークを使用

専用設計のネットワークは、バイアンプ駆動やバイワイヤリング接続に対応し、更なる拡張にも対応する。

【PARTS SPECIFICATION】
ソニックプラス フロントスピーカーセット SP-T300M
価格:23万円

■■リアスピーカー■■

純正のミニマムなスペースに最適化した丸形エンクロージャーを採用し、低音の切れ味と質感を両立させるサウンドを奏でる。

左は純正のリアスピーカー。

【PARTS SPECIFICATION】
ソニックプラス リアスピーカーセット SP-A30RM
価格:7万5000円

取り付けは全国のソニックプラスセンターで
ソニックプラスセンター銀座


全国に18店舗あるソニックプラスセンターでは、オンラインでソニックプラスの購入から取付予約までが可能で、予約日の即日取付がウリ。銀座店は輸入車なども手掛けるため蓄積されたノウハウはかなりのもの。
住所:東京都中央区新富1-9-5
電話:03-5566-0608
https://www.sonic-design.co.jp/sonicplus-center/ginza/

問:ソニックデザイン 043-209-1777
https://www.sonic-design.co.jp

スタイルワゴン2021年4月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「【30系トヨタ・アルファード&ヴェルファイア純正ディスプレイオーディオ攻略】最終回は純正DAのままでもできるサウンドアップ|AVN カスタム