雪の大谷を含む立山黒部アルペンルートとは?

4521197_s.jpg

立山や剣岳など北アルプス連峰を貫き、富山県の立山と長野県の扇沢(おうぎさわ)を結ぶ立山黒部アルペンルート。一度は行ってみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

ルートを制覇する場合には、バス、ケーブルカー、現在では日本唯一のトロリーバスなど様々な乗り物を乗り継ぐため、乗り物好きにはたまらない観光地でもあります。立山黒部アルペンルートには多くの景勝地がありますが、黒部ダムや雪の大谷、立山ロープウェイなどが特に人気があります。

立山黒部アルペンルートが開通するのは期間限定。毎年4月~11月頃です。

立山黒部アルペンルート

扇沢~(関電トンネル電気バス/16分)~黒部ダム~(徒歩/約15分)~黒部湖~(黒部ケーブルカー/5分)~黒部平~(立山ロープウェイ/7分)~大観峰~(立山トンネルトロリーバス/10分)~室堂~(立山高原バス/50分)~美女平~(立山ケーブルカー/7分)立山



巨大な雪壁が圧巻! 雪の大谷の高さは?

雪の大谷2.jpg

アルペンルートの中心地であり観光の拠点でもある立山室堂平。標高2,450mに位置する世界でも有数の豪雪地帯です。中でも室堂付近にある「大谷」の積雪は20mを超えることもあるとか。

そんな豪雪地帯の積雪を除雪してつくられるのが巨大な雪壁・雪の大谷です。壁の高さは、最大で20mにもなります。通常4~5月の平均は15mほどです。雪の大谷へのアクセスは立山ケーブルカーの美女平から立山高原バスで50分ほど。室堂バスターミナル手前500mに渡り雪壁が続いています。バスから眺めることもできますが、室堂バスターミナルから歩行者用通路として片側が開放されているので、歩くこともでき、雪壁の迫力を間近に体験できると人気です。

雪の大谷へは、一般車両の乗り入れはできません。前述した美女平と室堂を結ぶ立山高原バスや旅行会社のツアーなどを利用しアクセスする必要があります。



雪の大谷に行ける時期は?

雪の大谷の開通期間は、4月のアルペンルート全線開通後~6月中旬頃。期間中、雪の高さが時期によって異なり、1番高いのは4月で、平均は15mほど。その後暖かくなるにつれて低くなっていき、6月下旬は10mほどとなります。



雪の大谷に行くときの服装

雪の大谷の開通期間は春から初夏ですが、真冬並の服装が必要です。セーターにダウンなど真冬のアウター、帽子、手袋、厚手の靴下など防寒対策をしっかりしましょう。ただし、山道を歩いていると暑くなるため、アウターは気温に合わせて着脱しやすいものがおすすめです。

また、日が差すと雪の照り返しが強いので、サングラスや日焼け止めクリームなどで日焼け対策も必須。足元は雪が入らず歩きやすいスノーブーツやハイカットのハイキングシューズなどがよいでしょう。



立山黒部アルペンルート&雪の大谷へのアクセス方法

雪の大谷へアクセスするには、立山黒部アルペンルートの起点及び終点となる富山県の立山駅か長野県の扇沢駅のどちらかへアクセスし、室堂ターミナルを目指します。

東京からアクセスする場合、立山まで、扇沢までともに、所要時間は片道5~6時間。ちなみに、立山黒部アルペンルートである立山~扇沢間は、黒部ダムや雪の大谷などを急ぎ足で見学した場合でも、全て通して最低でも数時間程度はかかります。

東京から雪の大谷へ行く場合、最短時間のルートを往復すれば、日帰りも不可能ではないですが、かなりハードになりますので、周辺で1泊するのがおすすめです。

また、大阪からの所要時間も東京とほぼ同じくらいで、名古屋からは立山までが約5時間、扇沢までが約4時間です(どちらも特急や新幹線を利用した場合)。



バスツアーなら雪の大谷にも黒部ダムへもラクラク移動!

雪の大谷1.jpg
黒部ダム.jpg

雪の大谷へはバスツアーを利用して行けます。バスは乗り換えなしで行けるので移動がとてもラク! また、雪の大谷だけでなく、黒部ダムの見学や黒部ケーブルカーや立山ロープウェイなどでアルペンルートを満喫できるツアーもあります。


■東京発

【宿泊・黒部ビューホテルご指定プラン】世界に誇る日本の絶景!黒部立山アルペンルート『雪の大谷』&雪解けの富士山の絶景鑑賞と甲州ワインビーフの絶品ステーキも堪能(※2021年4~5月開催予定)

東京発で河口湖畔やわさび農園に立ち寄り、大町温泉郷に宿泊。2日目に扇沢駅から黒部ダム→黒部湖→黒部平→大観峰→室堂→雪の大谷とアルペンルートを楽しめるツアーです。

東京から個人で公共交通機関を乗り継ぎ黒部ダムと雪の大谷へ行く場合、ルートや移動手段によりますが、交通費は往復で20,000~35,000円ほどかかります。また、東京からの日帰りは厳しいので1泊することを考えると宿泊費は10,000円程度かかるでしょう。

こちらのツアーの最安料金は32,800円で、アルペンルートの他に河口湖散策や甲州ワインビーフのステーキランチ付きで温泉を備えたホテルに泊まれることを考えると、かなりお得です。

例えば、バスツアーと同じように黒部ダムの見学も可能な扇沢経由ルートで行く場合、一番早く行ける新幹線を利用すると、東京から室堂まで片道17,600円かかります。
このルートを往復し、1泊2食、ランチ1回分を個人で手配する料金とバスツアーの料金を比べてみると…

個人手配 バスツアー
交通費往復 35,200円 ツアー代金に込み
1日目のランチ代 約1,500円
宿泊費(1泊2食付き) 約10,000円
合計 46,700円 32,800円

※2021年4月調べ

バスツアーは最安値の料金ですが、13,900円もお得です。


■愛知発

期間限定!標高約2450m!絶景の雪の大谷ウォーク!マイカーでは行けないアルペンルートの中心地「立山・室堂平」(※2021年5月開催予定)

愛知から雪の大谷へは、日帰りツアーも開催されています。バスツアーなら乗り換えなしで直行できて移動もラク。移動方法にもよりますが、個人で行く場合、特急列車を利用して名古屋から立山経由で雪の大谷(室堂)へ行くと交通費は、片道11,690円。往復で23,380円です。

上記のツアーは、往復の交通費込で15,000円なので、安く効率よく雪の大谷へ行きたい人にはぴったりです。


■大阪発

(基本ホテルプラン)感動の立山黒部アルペンルートと絶景の上高地 2日間(※2021年4~7月開催予定)

日本を代表する山岳リゾート上高地での絶景と、黒部ダムと雪の大谷を含むアルペンルートを楽しめるツアーです。最安料金は39,800円。


その他にも様々なバスツアーが開催されています。以下の地域以外から出発するツアーもあるので、リンク先の出発地を変更し検索してみてください。

雪の大谷へ行くバスツアーを検索

(バスとりっぷ編集部)

情報提供元:バスとりっぷ
記事名:「 雪の大谷に行けるバスツアー(東京・名古屋・大阪発)を紹介。期間、服装、黒部アルペンルートについても解説