8日(木)から9日(金)は上空に寒気が流れ込み、北海道と東北の日本海側や北陸では所々で雪や雨が降りそうです。桜に雪が降る所もあるでしょう。車の運転にはご注意ください。

●8日(木)から9日(金)は北日本を中心に雪や雨に

明日7日(水)は日中は全国的に晴れるでしょう。ただ、気圧の谷の影響で、北海道と東北の日本海側、北陸では夜になると雨や雪の降る所がありそうです。特に注意が必要なのは8日(木)から9日(金)にかけてです。8日(木)になると、上空1500メートル付近にマイナス6度以下の寒気が東北付近まで流れ込むため、北海道と東北の日本海側、北陸を中心に、平地でも雪の降る所がありそうです。9日(金)は冬型の気圧配置で、日本海側を中心に雪や雨の降る所があるでしょう。太平洋側でも雪のまじる所がありそうです。ソメイヨシノは秋田など東北北部でも咲き始めた所がありますが、桜に雪が降る所もありそうです。ただ、これまで季節外れの暖かさが続いていたため、既に冬タイヤを交換している方が多いと思いますが、9日(金)にかけて車の運転には十分な注意が必要です。

●13日(火)は広くまとまった雨に

10日(土)には天気が回復し、全国的に晴れるでしょう。11日(日)から12日(月)も高気圧に覆われて晴れる所が多いですが、次第に西から天気は下り坂となるでしょう。13日(火)は前線を伴った低気圧が日本付近を通過するため、北海道から九州にかけて広い範囲でまとまった雨が降るでしょう。雨や風が強まる所もありますので、今後の情報にご注意ください。気温は高めで、北海道や東北なども雪ではなく、雨が主体になるでしょう。