1日は、徳島と長野で、桜が満開になりました。長野では、統計開始以来、最も早い満開で、開花から満開までの日数は3日と、これまでの最短記録に並びました。

●徳島に続き 長野でも 桜満開

4月のスタートは、全国的に、平年を上回る暖かさで、まだつぼみの桜も、どんどん咲き進みました。
午前中は、徳島から桜満開の便りが届きました。平年より4日早く、昨年に比べても4日早い満開でした。
さらに、午後は、長野でも桜が満開になりました。長野では、統計開始以来、最も早い満開でした。また、開花から満開までの日数は「3日」と、これまでの最短記録に並びました。

●最新の「桜開花予想」は?

日本気象協会が、1日に発表した「2021年桜開花予想(第8回)」によりますと、桜前線は、4月も非常に速いスピードで北上し、中旬には東北北部へ進み、下旬までには津軽海峡を渡るでしょう。一方、満開を迎えた桜は、今週末に花吹雪となる所もありそうです。
いつもの年のように、お花見の宴会ができなくても、桜の花は見ているだけで春を実感できます。桜を眺める時は万全な新型コロナウイルス感染防止対策を心がけ、周りの人との距離を取って楽しんでください。