【ブダペストAFP=時事】ハンガリーの首都ブダペストで5日、中国の名門大学、復旦大学のキャンパス建設計画に反対するデモ行進が行われ、AFPのカメラマンによると、約1万人が参加した。(写真はハンガリーの首都ブダペストで行われた、中国・復旦大学のキャンパス建設に反対するデモ)
 キャンパス建設計画は、オルバン・ビクトル政権が推進するもので、2024年までに完成予定となっている。
 ハンガリー政府と復旦大が結んだ合意によると、同大にとって欧州初となるキャンパスの延べ床面積は50万平方メートルに及ぶ。
 だが、この一大プロジェクトは、欧州連合(EU)と距離を取り、中国やロシアに接近するオルバン政権の外交姿勢や対中債務の急増に対する不安をかき立てており、ブダペストの市長は、抗議のために建設予定地周辺の道路名を「自由な香港通り」などに変更したと発表した。
 調査報道サイト「ディレクト36」に流出した内部文書によると、建設費はハンガリーの高等教育予算1年分を上回る推計15億ユーロ(約2000億円)で、中国はうち13億ユーロ(約1700億円)を融資する計画だ。
 デモ行進の参加者が手にしたプラカードには、「復旦大はいらない! 東側ではなく西側!」と書かれたものや、中国に擦り寄っているとしてオルバン首相と与党フィデス・ハンガリー市民連盟を批判するものが見られた。
 デモに参加した大学生のソーニャ・ラディチさん(21)はAFPに対し、「オルバンとフィデスは反共を自称しているが、実際には共産主義者の仲間だ」と語った。【翻訳編集AFPBBNews】

〔AFP=時事〕(2021/06/08-14:05)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「中国大学建設に「ノー!」 1万人が抗議 ハンガリー