【AFP=時事】スリランカ・コロンボのホテル内に設けられた博物館に、英国のエリザベス女王の夫フィリップ殿下がかつて所有したクラシックカーが展示されている。(写真はフィリップ殿下がかつて所有したスタンダード・ナイン)
 フィリップ殿下は、海軍の一員としてコロンボに駐留していた1940年、英自動車メーカーのスタンダードの1935年式ナインを、当時12ポンドで購入した。
 1950年代初めに、現在の所有者サンジーブ・ガーディナーさんの父親がこの車を買い取った。現在は、ガーディナーさんが所有するゴールフェース・ホテルで保管されている。
 ガーディナーさんによると、フィリップ殿下は50年代にスリランカを再訪した際、この車と再会。その際殿下は、この車が自分で初めて買った車だと明かし、「ブレーキが利きますように。当時は利かなかった」と語ったとされる。
 ゴールフェース・ホテルはスリランカで最も歴史あるホテルの一つ。同車を囲うように博物館を設置し、宿泊者や観光客に喜ばれてきた。
 9日に99歳で亡くなったフィリップ殿下は生前、車の愛好家として知られ、自ら運転することを好んだ。だが2019年、運転中に衝突事故を起こし、車は横転、2人が負傷したことを受けて、97歳で免許を返納した。
 17日の葬儀では、殿下自らが設計に関わったランドローバー・ディフェンダーの特別仕様車が、ウィンザー城までひつぎを運ぶ。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2021/04/19-16:02)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「車愛好家フィリップ殿下の「最初の車」  スリランカで展示