【ロンドンAFP=時事】英中央銀行のイングランド銀行は25日、第2次世界大戦中の暗号解読者で、同性愛者だったアラン・チューリングの肖像が描かれた新50ポンド紙幣を公開した。多様性をたたえるデザインだとしている。(写真は英数学者アラン・チューリングの肖像をあしらった新50ポンド紙幣。イングランド銀行提供)
 耐久性が高く偽造しにくいこのポリマー(プラスチック)紙幣は、チューリングの誕生日の6月23日から流通が開始される。
 数学者だったチューリングは、現代のコンピューター科学の父と呼ばれる。1941年、ナチス・ドイツの暗号機「エニグマ」の解読チームを率いた。
 イングランド銀行のアンドルー・ベーリー総裁は、「同性愛者でもあり、そのせいで苛酷な扱いを受けた」チューリングを新紙幣に採用することで「その功績と、チューリングが象徴する価値観をたたえる」と説明した。
 ケンブリッジ大学卒のチューリングは、機械が人間と同じように思考できるかを判断する際に必要となる基準に注目した「チューリングテスト」を開発。人工知能(AI)の礎を築いた。
 しかしチューリングは1952年、19歳の男性との重大わいせつ行為で有罪となり、収監を免れる代わりに化学的去勢を受けた。その2年後、42歳の誕生日を迎える直前に自殺した。【翻訳編集AFPBBNews】

〔AFP=時事〕(2021/03/31-14:15)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「暗号解読者チューリングの新ポンド紙幣お披露目 6月から流通