【ワシントンAFP=時事】ジョー・バイデン米大統領(78)が19日、大統領専用機エアフォースワンに乗り込んだ際、足を踏み外して数度にわたりつまずいた。(写真は米メリーランド州のアンドルーズ空軍基地で、大統領専用機エアフォースワンに乗り込む際に階段でつまずくジョー・バイデン大統領)
 バイデン氏は、タラップの階段を半分ほど素早く上がったところでつまずいた。すぐに右手で手すりをつかんで体勢を戻そうとしたものの、再び足を踏み外し、階段に片膝をついた。
 立ち上がったバイデン氏は左脚をはたき、再び階段を上り始めた。上りきると振り返って敬礼し、専用機に乗り込んだ。
 バイデン氏はジョージア州アトランタで起きたマッサージ店連続銃撃事件を受け、アジア系住民の代表者らとの面会のため、首都ワシントンからアトランタに向かうところだった。
 史上最高齢で米大統領に就任したバイデン氏は昨年の大統領選期間中、ステージや演壇に続く階段を頻繁に駆け上がっていた。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2021/03/22-12:17)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「バイデン氏、階段で繰り返しつまずく 専用機搭乗時