TOKYO, Mar 25, 2021 - (JCN Newswire) - 三菱重工グループの三菱重工エンジン&ターボチャージャ株式会社(MHIET、社長:梶野 武、本社:相模原市中央区)は、主に工場や病院、ビル、データセンターなどで使用されるパッケージ型ディーゼル発電装置としては国内最大出力となる2,000kVA級ディーゼル発電装置をこのほど開発し、4月から本格販売します。

パッケージとは、発電用エンジン、発電機、冷却装置といった発電装置一体を覆うカバーのことで、屋外設置時の防水対策に加え、ディーゼルエンジンの機械原音を減衰する低騒音化の機能も備えています。同装置は、168時間(1週間)を超える長時間の継続運転、停電後10秒の急速始動などを実現しているほか、パッケージ設計をより細部まで見直して品質改良を行ったことで従来比20%減の軽量化を実現、輸送性やメンテナンス性も向上しています。

また、消防法対応のキュービクル認定品(注1)として設計されているため、発電装置を設置する際の届出などを簡略化することができるメリットがあります。MHIETは、今回開発した発電装置に採用した特殊構造に関連する5件の技術に関して特許を出願しています。

MHIETでは、今後も見込まれる分散型電源(注2)の需要増大に加え、災害や有事に備えるBCP(注3)とレジリエンス(注4)強化の一環として、幅広い業界に向けた500kVA級から2,750kVA級にわたる豊富なラインアップの発電装置を取り揃えています。今後、さらなる高出力機のパッケージ化にも積極的に取り組んでいくとともに、発電装置の省スペース化や軽量化を通じて資源使用量の削減にも貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mhi.com/jp/news/210325.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。



Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「MHIET、パッケージ型で国内最大となる出力2,000kVA級ディーゼル発電装置を開発