11日午後の東京市場でドル・円は109円40銭付近と、変わらずの値動き。前日注目された欧州中銀(ECB)理事会や米消費者物価指数(CPI)発表をこなし、短期的なリスク要因の後退でやや円売りに振れやすい。ただ、具体的な材料が乏しく、売り買いは低調のようだ。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円32銭から109円45銭、ユーロ・円は133円07銭から133円36銭、ユーロ・ドルは1.2170ドルから1.2191ドル。

<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は変わらず、材料難で様子見