10日午後の東京市場でドル・円は弱含み、109円40銭台に値を下げた。米10年債利回りの低下でドル売りに振れ、主要通貨は対ドルで上昇。ユーロ・ドルは1.2160ドル台で下げ渋っている。クロス円はまちまちで、ドル・円は押し目買いにより下値は堅いようだ。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円47銭から109円68銭、ユーロ・円は133円18銭から133円55銭、ユーロ・ドルは1.2161ドルから1.2183ドル。


<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は弱含み、米長期金利の低下で