9日午後の東京市場でドル・円は小動きとなり、109円30銭付近でのもみ合いが続く。重要イベントの通過で短期的なリスクは後退するなか、日経平均株価の堅調地合いでやや円売りに振れやすい。ただ、具体的な材料は乏しく、様子見ムードで動きづらいようだ。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円21銭から109円40銭、ユーロ・円は130円08銭から130円31銭、ユーロ・ドルは1.1905ドルから1.1919ドル。


<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は小動き、様子見ムードで