世界中の脆弱な中小企業と緊密に協力してきたABインベブは、中小企業の保護と再生に有益な視点を有する

ブリュッセル--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ホスピタリティ業界ほどパンデミックの経済的な影響が深刻なところはありません。世界経済におけるこの分野の重要性を考えると、優先的対応が維持される必要があり、適切に資源が配分されなければならなりません。アンハイザー・ブッシュ・インベブ(「ABインベブ」)は長年にわたり、ホスピタリティ分野の事業者、特に、多くの脆弱な中小企業と緊密に協力しており、危機に際して中小企業を保護する方法について有益な知見を有しています。


ここでは、ホスピタリティの中小企業が確実にCOVID-19を生き延びることを可能にする重要なステップをいくつか紹介します。

  1. 痛みを増やさない―今後の対策では、脆弱な対象への負担を増大させてはならない。
  2. 予測可能なビジネス環境の促進―政府は、明確で予測可能な将来の見通しを提示し、企業が営業再開に資金を費やした後で再び閉鎖を余儀なくされる「ヨーヨー」状態を回避できるようにする必要がある。
  3. 回復への戦術的アプローチの実施―政府は、家賃補助により閉鎖や立ち退きを防ぎ、最も脆弱な中小企業の税額を減免し、現実的な電子商取引への中小企業の参加を支援するなど、COVID-19の高いリスクを回避しつつホスピタリティ分野の再開を最適化するための措置を講じるべきである。
  4. 産業間協力の奨励―ホスピタリティ分野は、政府、民間企業、多国間組織を活用する支援エコシステムを構築しなければならない。この業界では消費財(CPG)企業が重要な役割を担っており、官民パートナーシップも分野の再成長を促すことができる。地元の公式・非公式ビジネスとのつながりを中小企業の支援に生かすべきである。

世界のホスピタリティ中小企業は、パンデミック関連の課題の多くを共有しており、その中には、外部から課せられる変化の激しい様々な規制により商業的機会が損なわれることも含まれています。また、売り上げでは3分の1、利益ではさらに多くの割合を占めているアルコールなどの商品の全面禁止も、困難をもたらすことが分かっています。

これは、世界で雇用の10%を創出する重要な業界におけるグローバルな課題であり、その衰退は危険です。世界銀行は、2021年には世界でさらに1億5000万人が極度の貧困に陥り、3年余にわたる世界的な貧困削減を相殺してしまう恐れがあると試算しています。

苦境にあるホスピタリティ業界とその中核をなす中小企業を再生する協調的で長期的な政策がなければ、この後退は続き、世界的な不況をあおることになりかねません。パンデミックが収束したとしても、政策立案者は世界経済を守るため、中小企業の備えを向上させる措置を講じる必要があります。

ABインベブの詳細情報については、www.ab-inbev.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Nathalia Martins
Corporate Communications Manager, LLYC
nmartins@llorenteycuenca.com
(786) 590-1000

 

情報提供元:
記事名:「ABインベブが、ホスピタリティ業界の中小企業が直面する世界的危機を乗り越える方法を共有