気候債券イニシアチブがスクリーニングしたグリーンボンドの取引が790億ドルを記録したことを発表

ロンドン & ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 金利、クレジット、株式、マネーマーケットの世界的主要電子市場運営会社のトレードウェブ・マーケッツ(Nasdaq:TW)は本日、気候債券イニシアチブのパートナー・プログラムに参加したと発表しました。これは、気候変化ソリューションのために債券市場を動かすことを目指す世界的運動です。気候債券イニシアチブは、国際的な投資家中心の非営利団体であり、低炭素で気候耐性のある経済への迅速な移行に必要となるプロジェクトや資産への投資を促進しています。

気候債券標準認証スキームは、債券、ローン、その他のデット商品に対する名称制度です。厳格な科学的基準により、パリ気候協定の目標との整合性が確保されます。このスキームは、気候変化への対応に純粋に貢献する投資を優先するために、債券発行体、政府、投資家、金融市場によって世界的に使用されます。気候債券イニシアチブは、グリーンと呼ばれる市場を2009年から追跡してきました。気候債券イニシアチブと提携することで、トレードウェブは、幅広い資産クラスにわたってグリーンボンドの取引の可視性と利用可能性を促進し、気候債券イニシアチブのデータを活用して当社のグリーンボンド取引に透明性と明瞭性を提供することを目指します。

トレードウェブ・マーケッツ最高経営責任者(CEO)のLee Oleskyは、このように述べています。「世界最大のグリーンボンド市場の1つとして、トレードウェブは、気候債券イニシアチブの公式パートナーとなることを誇りに思います。持続可能な世界的金融システムはもはや任意のものではなく、必要なものであり、私たちは入手できるESGのデータとリサーチを活用することでグリーンボンドとソーシャルボンドの取引の透明性と健全性を促進していく必要があります。」

2020年には、トレードウェブで執行された総額820億ドルのグリーンボンド取引のうち、気候債券イニシアチブがスクリーニングしたグリーンボンドは790億ドルに上りました。2019年と比較して、スクリーニングを受けたグリーンボンドの取引は65%増加したことになります。残る30億ドルは、適合性のないグリーン・デットの取引です。

2020年のグリーンボンド取引のハイライト:

  • 各国の国債を中心としたキャッシュレートでの564億ドル
    • 欧州国債(439億ドル)とその他*のグローバル債券(120億ドル)
  • 米国と欧州の社債を中心としたグローバル・キャッシュ・クレジット227億ドル
    • 欧州のクレジット(155億ドル)と米国のハイイールド・クレジット(57億ドル)

気候債券イニシアチブ最高経営責任者(CEO)のSean Kidneyは、このように語っています。「グリーン投資は厚みと多様性を増しており、トレードウェブは市場で重要な位置を占めています。私たちは同社をパートナー・プログラムに歓迎し、機関投資家のために優れた情報と透明性を提供するために協力して活動していくことを楽しみにしています。」

トレードウェブのコーポレート開発グローバルヘッドのSimon Maiseyは、このように述べています。「トレードウェブのマルチアセットの商品は、ESG取引活動に独自の優れた立ち位置を当社にもたらしています。当社は、当社プラットフォーム上でグリーンボンドを効率的に特定および明確化できるソリューションによってクライアントの持続可能投資戦略を支援することに継続的に取り組んでおり、最終的には、幅広い資産クラスにわたって活動状況の確かな把握を可能にしています。」

近年のグリーン市場と持続可能性市場で見られた信じがたいほどの成長の結果、ますます幅広い政府機関や企業が環境的・社会的インパクトを起こしながらESGに合致したイニシアチブで投資家と関わるようになっています。トレードウェブの気候債券イニシアチブとの協業は、市場参加者が取引活動に関する有益な情報を得るために役立ち、グリーン証券やその他の持続可能性証券の取引状況をグリーンでない同種証券との関係で明確に把握することを可能にします。トレードウェブは、幅広い資産クラスにわたってグリーンボンドを特定するツールを開発することに注力しており、グリーンボンドのフラグは既に欧州国債とグローバル・クレジットで利用可能になっています。

* その他のグローバル債券:豪ドル、ニュージーランド・ドル、円、カナダ・ドルの国債、カバード債、米国政府機関債、その他の国際機関債。

トレードウェブ・マーケッツについて

トレードウェブ・マーケッツ(Nasdaq:TW)は、金利、クレジット、株式、マネーマーケットの電子取引プラットフォームの世界的な大手運営会社です。1996年に設立されたトレードウェブは、40種類を超える商品を対象に、市場アクセス、データと分析、電子取引、STP(ストレート・スルー・プロセッシング)、報告サービスを機関投資家、ホールセール、リテールのお客さまに提供しています。トレードウェブが開発した高度なテクノロジーにより、価格発見、注文執行、取引ワークフローが強化されると同時に、より規模の大きい取引が可能になっており、顧客取引におけるリスクの低減にもつながっています。トレードウェブは、65カ国以上のおよそ2500のお客さまにサービスを提供しています。過去4四半期におけるトレードウェブの取扱高は元本ベースで1日当たり平均8300億ドルを超えています。詳細情報については、www.tradeweb.comをご覧ください。

気候債券イニシアチブについて:気候債券イニシアチブは、投資家中心の非営利団体であり、低炭素経済への大規模投資を促進しています。気候債券イニシアチブは、市場への情報提供と奨励のための主唱活動や働きかけを行い、政策モデルや政府への助言、市場データ、分析を提供し、グリーンボンド発行のベスト・プラクティスのための国際基準&認証を実施しています。詳細情報については、www.climatebonds.netをご覧ください。

気候債券グリーンボンド・データベース&メソドロジーについて:メソドロジーV1.1は、グリーンボンド、グリーンローン、グリーンスクーク、その他の類似名称のデット商品のグリーンボンド・データベースへの登録適格性を定義するプロセスと基準を示しています。

将来見通しに関する記述

本プレスリリースには、米国連邦証券法の定義による将来見通しに関する記述が含まれています。とりわけ、当社の見通しおよび将来の業績、当社が事業を行う業界および市場、当社の予想、考え、計画、戦略、目標、見通し、仮定および将来の事象に関する記述は、将来見通しに関する記述です。

これらの将来見通しに関する記述は、当社の現時点の予想、仮定、推定、見通しに基づいています。当社は、これらの予想、仮定、推定、見通しが合理的なものであると考えますが、これらの将来見通しに関する記述は予測に過ぎず、既知および未知のリスクと不確実性を伴っており、その多くは当社のコントロールが及ばないものです。トレードウェブ・マーケッツがSECに提出している文書における「Risk Factors(リスク要因)」という見出しの下で解説されているものを含め、これらおよびその他の重要な要因が原因となって実際の結果、業績あるいは成果がこれらの将来見通しに関する記述において表明あるいは示唆されたものと大きく異なるものとなる可能性があります。このようなリスクと不確実性に鑑み、こうした将来見通しに関する記述に過度に依拠することがないようご注意ください。本リリースに含まれる将来見通しに関する記述は、将来の成果を保証するものではなく、当社の実際の業績、金融環境や流動性、当社が事業を行う業界および市場の動向は、本リリースにおける将来見通しに関する記述と大きく異なるものとなる可能性があります。また、仮に当社の業績、金融環境や流動性、当社が事業を行う業界および市場における事象が本リリースにおける将来見通しに関する記述に沿ったものであっても、それらが将来の期間における結果や動向を予見するものであるとは限りません。

本リリースにおけるいかなる将来見通しに関する記述も、その記述がなされた日付時点のものにすぎません。当社は、法律によって必要な場合を除き、新たな情報、将来の事象などを理由に将来見通しに関する記述のいずれかを更新または修正する義務、あるいはその更新または修正を正式に発表する義務を負うものではありません。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Investor Contact
Ashley Serrao
+1 646 430 6027
Ashley.Serrao@Tradeweb.com

Media Contacts
Susan Bennett
+44 7787 666432
Susan.Bennett@tradeweb.com

Angeliki Kallipoliti
+44 7824 327073
Angeliki.Kallipoliti@tradeweb.com

Daniel Noonan
+1 646 767 4677
Daniel.Noonan@Tradeweb.com

情報提供元:
記事名:「トレードウェブが気候債券イニシアチブのパートナー・プログラムに参加