7nmプロセスを採用したCerebras WSE-2が業界最速の新しいAIコンピューター 「Cerebras CS-2」を強力サポート

ロス・アルトス、 カリフォルニア--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 人工知能(AI)の計算を加速することを目的とした企業のセレブラス・システムズは、本日、史上最大のAIプロセッサーである「Wafer Scale Engine 2(WSE-2)」を発表しました。AI用にカスタマイズされた7nmベースのWSE-2は、2.6兆個のトランジスタと85万個のAIに最適化されたコアを備えたシングルチップで、同社のこれまでの世界記録を打ち破り、AIコンピュートの大いなる飛躍を実現します。一方、最大のGPU(グラフィックス・プロセッサ・ユニット)のトランジスタ数は540億個で、WSE-2よりも2兆5500億個少なくなっています。また、WSE-2は、GPU製品と比較して、123倍のコアと1,000倍の高性能オンチップ・ハイメモリを搭載しています。



WSE-2は、7nmやそれ以降に向けて設計・最適化された業界最速のAIコンピューターであるCerebras CS-2の動力です。CS-2は高性能な「WSE-2」の恩恵で、同社第一世代「CS-1」の2倍以上の性能を発揮します。WSE-2は、TSMC社の最先端の7nmノードで製造されており、チップ上のすべての性能特性(トランジスタ数、コア数、メモリー、メモリー帯域幅、ファブリック帯域幅)が、第1世代のWSEに比べて2倍以上向上しています。

その結果、すべての性能指標において、WSE-2は市場で競合するどのGPUよりも桁違いに大きく、高性能となりました。

セレブラス・システムズのハードウェア・エンジニアリング担当副社長のDhiraj Mallikは、「我々は、2年も経たない前に、世界初のウェハースケール・プロセッサであるWSEを発表し業界に革命を起こしました。AIコンピュートにおいて、情報をより早く処理し、より短時間で答えを出すことができる大型チップが王様であり、時間はAI進歩の敵です。WSE-2は、業界最速かつ最大のAIプロセッサーとして、この大きな課題を解決します」と述べています。

TSMC North Americaのビジネスマネジメント担当上級副社長であるSajiv Dalal氏は次のように述べています。「TSMCは長い間、業界のイノベーターたちと協力して、最先端の性能を持つ高度なプロセッサを製造してきました。セレブラス・システムズ社との継続的な協力関係により、Cerebras WSE-2を当社の7nmプロセスで製造できたことを嬉しく思います。これは、2年前にセレブラスが16nm WSEを発表して以来、ウェハースケール開発における新たな偉業であり、画期的な出来事です」

CS-2は、すべてのコンポーネントがAI作業に最適化されており、他のシステムよりも少ないスペースと少ない電力で、より高い演算性能を実現します。AIからHPCまで、ワークロードに応じて、CS-2は従来の製品に比べて数百倍から数千倍の性能を発揮し、しかもわずかな電力消費とスペースで実現します。数十ラックを使用し、数百キロワットの電力を使用し、設定やプログラムに数ヶ月を要する数百から数千のグラフィックプロセッシングユニット(GPU)のクラスターを、「CS-2」1台で置き換えることができます。CS-2は、高さわずか26インチの標準的なデータセンターラックの3分の1に収まります。

この1年間で、アルゴンヌ国立研究所ローレンス・リバモア国立研究所、画期的なAIスーパーコンピューター「Neocortex」を持つピッツバーグ・スーパーコンピューティング・センター(PSC)、エジンバラ大学のスーパーコンピューティングセンターであるEPCC、製薬会社大手のグラクソ・スミスクライン、東京エレクトロンデバイスなど、世界中のお客様がCerebras WSEおよびCS-1を導入しました。

グラクソ・スミスクラインのAI/ML担当上級副社長であるKim Branson氏は、「GSKでは機械学習を応用して創薬の予測を改善しており、これまで以上に迅速にデータを蓄積して、病気の理解を深め、成功率を高めています、また昨年は、300年の歴史の中で最も多くのデータを3か月間で生成しました。Cerebras CS-1は、生成できるエンコーダモデルの複雑さを向上させる一方で、トレーニング時間を80倍短縮させました。私たちは、AIへの取り組みをさらに加速させ、最終的にはより多くの患者さんを救うことができるよう、性能が向上したCS-2の納入を心待ちにしています」と、述べています。

アルゴンヌ国立研究所のアソシエイト・ラボラトリー・ディレクターであるRick Stevens氏は次のように述べています。「セレブラスのソリューションの初期顧客として、我々は科学や医療のAI研究を大幅に加速させるパフォーマンスの向上を経験しました。CS-1のおかげで、がん予測モデルの実験時間を当初の300倍に短縮することができ、結果的に、これまで何年もかかっていた問題をわずか数カ月で解決できるようになりました。2倍以上の性能を持つCS-2で何ができるのか楽しみです」。

セレブラスの先駆的な取り組みは、グローバル・セミコンダクター・アライアンス(GSA)の「Startup To Watch」、Fast Companyの「Best World Changing Ideas」、Fast Companyの「World's Most Innovative Companies」、IEEE Spectrumの「Emerging Technology Awards」、「Forbes AI 50 2020」、HPCwireの「Readers' and Editors' Choice Awards」、「CBInsights AI 100」など、業界のほぼすべての賞を受賞しています。

「2019年8月、Cerebras社は、当時現存する唯一の1兆トランジスタ・プロセッサであるWSE(Wafer Scale Engine)を製造しました」と、The Linley Groupのプリンシパル・アナリストであるLinley Gwennap氏は述べています。更に「今回のWSE-2では、トランジスタ数を2.6兆個にまで増やし、この成功を倍増させました。特に、世界で3番目のチップがWSE-2よりも2兆5500億トランジスタ小さいことを考えると、これは偉大な成果です」と、付け加えています。

Cerebras Systemsについて

Cerebras Systemsは、先駆的なコンピュータキテクト、コンピュータ科学者、ディープラーニング研究者、あらゆるタイプのエンジニアからなるチームです。我々は、人工知能の作業を現在の技術水準を超えて3桁の速さで加速させる新しいクラスのコンピュータを構築するために結集しました。CS-2は、現存する最速のAIコンピューターです。CS-2には、Cerebras Wafer Scale Engine (WSE-2)をはじめとする、業界初の技術が結集されています。WSE-2は、これまでに作られた中で最大のチップで、2.6兆個のトランジスタを搭載し、46,225平方ミリメートル以上のシリコンをカバーしています。市販されている最大のグラフィックプロセッサーは、540億個のトランジスタを持ち、815平方ミリメートルの面積を持っています。人工知能の分野では、大きなチップは情報をより速く処理し、より短時間で答えを出すことができます。その結果、WSE-2を搭載したCerebras CS-2では、これまで数ヶ月かかっていたニューラルネットワークの学習が数分でできるようになりました。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Press contact (for media only)
Kim Ziesemer
Email: pr@zmcommunications.com

情報提供元:
記事名:「セレブラス・システムズ、第2世代の新ウェハースケールエンジンで 2.5兆トランジスターの大台を突破