日本への進出により、Confluentの活動範囲が拡大し、動き続けるデータ(Data in motion)を活用するという同社のミッションが促進。あらゆる組織がデジタルファーストの世界でイノベーションと成功を実現可能に

日本、東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 動き続けるデータ(Data in motion)を活用するプラットフォームを構築するConfluent, Inc.は、本日、勝俣正起を日本カントリーマネージャーに迎えて、日本での事業を開始することを発表しました。日本のあらゆる組織が迅速かつ容易に、動き続けるデータ(Data in motion)を企業の中核に据えることができるように、Confluentの現地事業を構築していくことになります。Confluentのアジア太平洋地域での現在のお客様には、バンク・ラヤット・インドネシア、バンクBTPN、マンディリ銀行、日本では楽天カードなどが含まれます。


「動き続けるデータ(Data in motion)が次世代の企業にとって重要な能力となるため、フォーチュン500に名を連ねる企業の70%がApache Kafkaを採用していると推定されます」とConfluent アジアパシフィック&ジャパン(APAC)副社長であるDamien Wongは述べています。「勝俣のマネジメントスキル、日本市場での経験、そしてお客様やパートナーへのコミットメントは、彼が世界最大かつ最先端をゆくソフトウェア市場の一つである当社の事業を率いることに最適な人材と言えます」

勝俣は、極めて優れたリーダーであり、最近では2012年からActifioの副社長兼日本カントリーマネージャーを務めてきました。Actifioでは、日本を同社にとって世界で生産性の高い地域にするという重要な役割を果たしました。それ以前の4年間は、日本IBMのストレージ事業の事業部長 として、大規模チームを率いていました。IBMの前には、EMCジャパンで地区営業マネージャーを務めました。

「企業が日本のデジタル経済での成功を目指す中で、ますます多くの企業が、動き続けるデータ(Data in motion)がビジネスに変革をもたらす力に気付きつつあります」と勝俣は述べています。「DevOps、IT、そしてビジネスリーダーの皆様は、現代のビジネスを行うためには、組織全体に継続的に流れるデータに対し、アプリケーションが、迅速であり、信頼性があり、スケーラブルなアクセスを持てることが必要だと認識しています。Confluentのチームに加わり、変革をもたらすテクノロジーを日本のお客様に提供することでビジネスインパクトをお届け出来ることを嬉しく思います」

動き続けるデータ(Data in motion)の台頭

デジタル領域は、グローバル経済における新たな競争の場となっています。今日の競争に勝ち抜くために、企業は、事業の中核を担っているソフトウェアシステムを絶えず革新することが必要となります。これは、すべての組織にとって死活問題となりえます。お客様の期待は、最新のプラットフォーム上に構築され、スケールアップを実現する最先端テクノロジー企業に向けられています。このような破壊的変革に対応する為に、あらゆる業種の企業が最新のソフトウェアプラットフォーム上でビジネスの再構築に取り組んでいます。

ソフトウエア ディファインド ビジネスにおける重要なアプリケーションとは、エンド ツー エンドのデジタル顧客体験、および、完全に統合されたリアルタイムオペレーションと言えます。これらのシステムは、インフラストラクチャのサイロを越えて、進化し続けるビジネスにリアルタイムで常に反応し、応答し、適合しなければなりません。そのためには、企業全体から継続的に流れるデータフローの収集と、そのデータフローをリアルタイムで処理して対応するアプリケーションの構築をサポートするデータインフラストラクチャが必要です。言い換えれば、企業はますますソフトウェア ディファインド となり、動き続けるデータのために構築されたデータプラットフォームが必要になるということです。動き続けるデータは、企業が経験する今後の大きな技術革新の波の中心となります。

Confluentは、動き続けるデータのための基盤となるプラットフォームを構築しています。同社のクラウドネイティブな製品は、複数のソースからのリアルタイムデータが組織全体に絶えず流れ込むようにするインテリジェントな結合組織となるように設計されています。Confluentを活用することで、企業はデジタルファーストの世界でイノベーションと成功を実現するための中枢神経系を構築できます。

その他のリソース

Confluentについて

Confluentは、動き続けるデータ(Data in motion)に焦点を当てた、全く新しいカテゴリーのデータインフラストラクチャを開拓しています。Confluentのクラウドネイティブな製品は、動き続けるデータのための基盤となるプラットフォームであり、複数のソースからのリアルタイムデータを組織全体に継続的に流すことを可能にするインテリジェントな結合組織となるように設計されています。Confluentを活用することで、組織は、リッチでデジタルなフロントエンドの顧客体験を提供しつつ、洗練されたリアルタイムのソフトウェア駆動型バックエンドオペレーションに移行するという、新たなビジネス上の要請に応えることができます。詳細については、www.confluent.io をご覧ください。

本プレスリリースには、将来の見通しに関する記述が含まれています。「信じる」、「可能性がある」、「予定である」、「先に」、「見積もる」、「継続する」、「予想する」、「意図する」、「期待する」、「求める」、「計画する」、「予測する」、およびこれらに類似する表現は、将来の見通しに関する記述を示すことを意図しています。これらの将来の見通しに関する記述は、リスク、不確実性、および想定を伴います。リスクが現実のものとなった場合、または想定が不正確であることが判明した場合、実際の結果は、これらの将来の見通しに関する記述で示唆された結果とは大きく異なる可能性があります。Confluentは、本リリースの日付以降、かかる将来の見通しに関する記述を更新する義務を負っておらず、現時点では更新する意図もありません。

Confluentおよび関連のマークは、Confluent, Inc.の商標または登録商標です。

Apache®およびApache Kafka®は、米国および/またはその他の国におけるApache Software Foundationの登録商標または商標です。これらのマークの使用は、Apache Software Foundationによる承認を示唆するものではありません。その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。


Contacts

Lyn Canilao
pr@confluent.io

情報提供元:
記事名:「 Confluent、勝俣正起をエリア バイス プレジデント兼日本カントリーマネージャーに迎えて、日本での事業を開始