北京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 中国の最新の中長期的な経済社会発展計画が国家の最高立法府で承認されたばかりの中、習近平国家主席は2回の会期後で初の視察先となる中国東部の福建省に向けて北京を出発しました。


習首席が今回の視察で生態系に配慮した茶園や武夷山国立公園を訪れたことは、向こう5年間とそれ以降の中国の発展指針でも強調されているグリーンでエコロジーな発展を習首席が重視していることを示しています。

武夷山と生態系の保護

武夷山は武夷山市の郊外に位置し、1999年にユネスコの世界遺産に登録されました。武夷山の面積は630平方キロメートルを超え、さまざまな種類の茶葉が生産されています。

習首席は日頃からエコロジー文明の構築を強調しており、同氏の視察旅行には通常、山を訪れる行程が組み込まれます。

2020年4月、習首席の最初の訪問先はやはり山でした。習首席は中国北西部の陝西省を視察した際、直ちに秦嶺山脈に赴き、生態保護について学び、官僚に生態環境を保護するよう促しました。

2019年8月には中国北西部の甘粛省に行き、祁連山脈を訪れ、生態保護を国家戦略として強調しました。

月曜日、武夷山国立公園を訪問した際には、観光客の一行に遭遇しました。習首席は、「武夷山で山の景色を楽しみ、廈門市では海の景色を楽しむことができます」と一行に語り掛けました。

習首席はまた、武夷山国立公園内の気象観測や生物資源サービスを全て行っている知的管理センターも訪れました。

終了したばかりの2つの会期では、山、川、森林、農地、湖、草原、砂漠の生態系を保護するため、最高水準の設計と包括的な対策が必要だと習主席は述べています。

製茶業と農村の活性化

習首席は月曜日に茶園を訪れ、「過去において、製茶業は貧困との戦いの柱だったが、将来的には農村の活性化の柱となるべきものだ」と述べました。

習首席は、武夷山の長い茶文化の歴史、適した気候、豊富な茶資源、科学技術の支援を活用し、活気ある製茶業の育成を改善するよう求めました。

2月に中国が貧困対策で「完全な勝利」を収めたと発表した習首席は、貧困軽減の成果の安定化と農村の活性化を効果的に統合するよう求め、貧困からの脱却はゴールではなく、新たな人生や新たな試みへのスタートラインだと述べました。

中国は、国家経済および社会の発展に向けた第14次五カ年計画(2021~2025年)と2035年までの長期目標の策定に関する中国指導部の提案の中で、農村活性化戦略を全面的に推進する計画の詳細を明らかにしています。

この発展計画では、農村部の特色ある産業の開拓、新たな産業や業態の育成、農村部における起業や技術革新の促進を国家が後押ししていきます。

習首席は茶園に立ち寄った際、近年、技術委員チームの指導の下で生態系に配慮した植栽によって茶葉の品質が大幅に改善されたと聞き、満足していました。

農業人材は「技術委員」とも呼ばれ、2002年当時福建省知事だった習氏が発表した官と農の結束を呼び掛ける論説文の中で紹介された考えに基づいています。

習主席は、貧困軽減と農村の再生における科学技術の役割を繰り返し強調しており、農業における科学技術の革新を促進し、農村の全面的な再生を支援する努力を求めています。

また、習主席は月曜日の午後、南平市にある12世紀の中国の著名な哲学者である朱熹を記念した公園を訪れ、伝統文化を継承するための地元の取り組みについて学びました。

https://news.cgtn.com/news/2021-03-23/Xi-Jinping-makes-Fujian-his-first-stop-after-Five-Year-Plan-approval-YRH8REcXW8/index.html

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media:
Jiang Simin
jiang.simin@cgtn.com
+86 18826553286

情報提供元:
記事名:「CGTN:習近平はなぜ五カ年計画承認後の最初の視察先に福建省を選んだのか?