北京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 中国南西部の四川省にある三星堆遺跡では、待望の考古学的発掘が行われており、第5のいけにえの穴からは複数の金箔が採掘されました。



第5の穴の底には多くの金箔が散らばり、そのほとんどが小さくて薄いものでした。採掘作業は非常に難しく、とても慎重に行う必要があります。その分布状況から、専門家は金箔が織物に関係しているのではないかと推測しています。

採掘に成功した金箔は、1枚ずつ計測して番号を付け、サンプル容器に入れて三星堆文化財復元センターに送り、綿密な調査を行います。

送られた金箔は、ハイパースペクトル画像技術でスキャンされます。この技術により、考古学者は金製物品の初期状態を確認することができ、将来的に金製物品の修復や保護を行う際の比較対象が得られることになります。

また、数日前にこの穴で発掘された金製物品のうちいくつかは、既に予備的な形状復元作業を終えています。古蜀文明の薄い金箔に施された精巧な彫刻技術には、またもや驚かされることになるでしょう。

この日の発掘作業では、考古学者は第6のいけにえの穴から出土した謎の木箱の土壌サンプルも分析しました。

6つの異なる層からの土壌サンプルで、絹タンパク質の検査を行ったところ、結果は全て陰性でした。これにより、木箱の中には絹織物が入っていないことが暫定的に証明されました。土壌サンプルは今後、脂肪やアルコールなどの物質を含んでいるかどうかを調べるため、次の検査に送られます。

https://news.cgtn.com/news/2021-03-22/Gold-leaves-extracted-from-Sanxingdui-some-preliminarily-repaired-YQ2OfLIGGY/index.html

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media:
Jiang Simin
jiang.simin@cgtn.com
+86 18826553286

情報提供元:
記事名:「CGTN:三星堆遺跡から金箔が採掘され、一部は予備的な修復を完了