従業員に対して計70億ルピー超の臨時ボーナス

ニューヨーク & 印ノイダー--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- 世界的テクノロジー・リーダー企業のHCLテクノロジーズ(HCL)は本日、2020年の売上収益が100億ドルを超えるという大台を最近達成したことを称賛し、世界中の従業員に臨時の特別ボーナスを支給すると発表しました。HCLテクノロジーズの新規株式公開(IPO)からわずか20年でありながら、テクノロジー、ビジネス、エンジニアリングのサービスとソフトウエアにおいてこの記録的な大台を達成したことは、当社の従業員の熱心な努力と一貫した成果、あらゆる業界の一流企業との長年にわたる深い関係の数々、パートナーとステークホルダーの有力なネットワークを証明するものです。従業員を称賛し、従業員に感謝を示すため、勤続年数1年以上のすべての従業員に、10日間の給与に相当するボーナスを支給します。


HCLテクノロジーズのアパラオ・V・V最高人事責任者は、次のように述べています。「従業員たちは、当社の最も貴重な資産です。勢いが弱まることのない世界的流行病にもかかわらず、HCLファミリーのメンバー全員の一人ひとりが計り知れない傾倒ぶりと熱意を示し、当組織の成長に貢献してきました。売上収益100億ドルの大台は、当社の組織としての見事な回復力と15万9000人を超える従業員の起業家精神の証です。私たちはこの意思表示で、従業員とその家族に対し、そのすべてのサポートに心から感謝の意を表明したいと思います。」

特別ボーナスは2021年2月に従業員に支払われ、その額は合計約9000万ドルに上り、一部の国では給与税が加わります。これによる影響は、当社が先月提示した2021会計年度のEBITガイダンスから除外されています。

HCLテクノロジーズについて

HCLテクノロジーズ(HCL)は今日、次の10年間のテクノロジーで世界的企業に力を与えます。当社の深い業界専門知識、顧客中心主義、アイデアプレナーシップの起業文化に基づくHCLのモード1-2-3戦略により、企業は次世代企業への変革を実現できます。

HCLは、IT/ビジネスサービス(ITBS)、エンジニアリング/研究開発サービス(ERS)、製品&プラットフォーム(P&P)の3事業部門を通じてサービスや製品を提供しています。ITBSは、アプリケーション、インフラ、デジタルプロセスオペレーション、次世代デジタル変革ソリューションの分野で提供するサービスや製品を通じて、世界的企業のビジネス変革を実現します。ERSは、製品開発やプラットフォームエンジニアリングのあらゆる側面におけるエンジニアリングのサービスやソリューションを提供しています。P&Pは、最新式のソフトウエア製品を世界のクライアントに提供し、お客さまの技術や業界特有の要件に対応しています。HCLはその最先端コ・イノベーション・ラボ、世界規模のデリバリー能力、広範なグローバルネットワークを通じて、金融サービス、製造、技術・サービス、電気通信・メディア、小売・CPG、ライフサイエンス&ヘルスケア、公共サービスに分類されるさまざまな業界向けに総合的なサービスを提供しています。

HCLはテクノロジーの世界的リーディング・カンパニーとして、その多様性、社会的責任、持続可能性、教育イニシアチブに誇りを持っています。2020年12月31日締めの12カ月間で、HCLは100億2000万米ドルの連結売上収益を上げました。当社のアイデアプレナー15万9682人が50カ国で活動しています。

詳細情報はwww.hcltech.comでご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

HCL Technologies
Anne Coyle, US
anne.coyle@hcl.com

Elka Ghudial, Europe
elka.ghudial@hcl.com

Devneeta Pahuja, India and APAC
devneeta.p@hcl.com

情報提供元:
記事名:「HCLテクノロジーが売上収益100億ドルの大台を達成、世界中の従業員に特別ボーナスで謝意を表す