中国・義烏--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 2020年中国義烏輸入商品博覧会は2020年11月13日に義烏市にて開幕し、16日まで開催されています。専門的で国際的な市場志向のイベントとして、義烏輸入商品博覧会は輸入消費財の中国第1のブランドになることに注力しています。


2020年義烏輸入商品博覧会のアルバムを、こちらからご覧ください:

https://as.alltuu.com/v4/albumset/1001142273/

本博覧会では、クオリティー・ライフ・パビリオン(ワイン&コーヒー)、アジア・パビリオン、ヨーロッパ・パビリオン、アメリカ・オセアニア・アフリカ・パビリオン、クオリティー・ライフ・パビリオン(室内装飾品)の5つのパビリオンが設けられ、78カ国・地域の製品が展示されています。

本博覧会には1000社近くの出展企業が集まり、新規出展がその3分の1を占めました。出展企業には、デンマークで2番目に大きいバタークッキー・メーカーや、ドイツの有名オーガニック・スーパーフード・メーカー、数多くのオーストラリアの有名企業が含まれています。また今年は、上海で開かれた中国国際輸入博覧会(CIIE)の閉幕直後に本博覧会が開催されたため、93社のCIIE出展企業も本博覧会に参加しました。昨年の26社から大幅な増加となりました。

政府公式機関としては、在上海大韓民国総領事館、在上海ベトナム社会主義共和国総領事館、在上海ウルグアイ東方共和国総領事館、英中貿易協会、カナダ国際貿易振興協会、西オーストラリア貿易投資振興協会が参加しました。

主賓国であるロシアからは、ロシア農業グループを含む30社以上の企業が参加しました。在上海ロシア領事館、北京ロシア文化センター、ロシア輸出センター・グループの代表者が本博覧会に出席し、経済、貿易、文化、芸術などのロシアのさまざまな側面を紹介しました。

出展者、バイヤー、来場者に向けて、さまざまなサポート活動が用意されました。数多くのビジネスをテーマとしたフォーラムやビジネス・マッチメイキング会に加え、複数の文化活動が開催されました。たとえば、ロシアからは民族パフォーマンスと美食のイベントが催され、英国パビリオンでは訪れた来場者に生粋の英国ファッションの体験が提案されました。コーヒー製品の分野では、ラテ・アートのコンペティションが大きな注目を集めました。

博覧会のもう1つのハイライトとなったのは、元気で可愛らしい白いガチョウの子のマスコット「ジンジン」のデビューです。その生き生きとした漫画のイメージには本博覧会の熱意と多様性が反映され、本博覧会のイメージの認知度を大きく高めています。

詳細情報:

公式ウェブサイト:http://www.importfair.cn/en

フェイスブック:https://www.facebook.com/yiwuimportfair/

インスタグラム:https://www.instagram.com/yiwu_importedfair/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Chim Chen
service@yiwufair.com

情報提供元:
記事名:「2020年義烏輸入商品博覧会、小商品の世界的中心地で開催中