金融機関のNexoがトークノミクス・モデルのオーバーホール「Nexonomics」の一環として暗号通貨貯金の利回りを引き上げ、Earn in NEXOを導入


ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- デジタル資産の主要規制対象金融機関のNexoは本日、暗号通貨のBTC、ETH、XRP、BCH、LTC、EOS、LINK、XLM、TRX、PAXGの貯金金利を2倍に引き上げると発表しました。Earn on Crypto商品を通じて最大8%APYの利回りが提供されます。

この大規模な引き上げは、対応する全暗号通貨に対する貯金金利を1%引き上げたことによるもので、対象資産の金利は最大6%APYになります。Earn in NEXOの導入により、Nexoプラットフォームで対応している全てのデジタル資産と法定通貨資産の貯蓄で追加的に2%APYが提供され、Earnでの最大金利は暗号通貨が8%、法定通貨とステーブルコインが12%になっています。

当社のラインアップにEarn in NEXO(保有資産やその額にかかわらずクライアントがNexoのネーティブ・トークンで利息を得ることを可能にする機能)が加わったことは、当社のNexonomicsキャンペーンの開始を意味するものでもあります。

「COVID第二波で高まったボラティリティが米国の選挙によってさらに拡大している状況で、当社は金融の安定性と機会をクライアントに提供して心の平穏を保証したいと考えています。これは今も、将来においてもです。それを提供できる金融サービス企業は少数しかありません。このような時期にNexoが金利を引き上げてNexoのトークノミクスを拡大できるということは、持続可能なビジネスモデルを維持することが不可欠であることや、マーケット・ニュートラルな戦略が重要であることを確認するものです」と、Nexoの共同創立者でマネジングパートナーのAntoni Trenchevは述べています。

金利の引き上げとEarn in NEXOの立ち上げは、貸し手のNexonomicsイニシアチブに基づいた一連の発表の最初のものです。このイニシアチブは、Nexoのトークノミクス・モデルを拡大してNEXOや企業のトークンの利便性と価値を高めるように考案されたものであり、同時にEarn on Crypto & Fiatの潜在能力を引き上げます。今後行われる多様なアップグレードと機能を含むNexonomicsの全体は、2020年12月中に公表されます。

以前は、Nexoの金利は暗号通貨では4%から5%の間、法定通貨とステーブルコインでは8%から10%の間になっていました。また、Nexonomicsが開始される直前には、NexoのEarn on Crypto & Fiatに対するいくつものアップグレードが行われました。これには、PAX GoldにEarnを導入する決定も含まれ、トークン化された金資産に対するコミュニティーの関心に対応しています。

- 以上 -

Nexoについて:

Nexoはデジタル資産における世界を代表する規制対象金融機関です。当社のミッションは、税効率の高い「瞬時暗号信用枠」、利回りの高い「金利獲得」商品、「センド&ペイ」、高度なトレーディングおよびOTC能力を提供することで暗号通貨の価値と利便性を最大化することであり、同時に最高クラスの保管保険とNexoウォレットの軍用グレードのセキュリティーも提供します。Nexoは、200以上の法域にわたる100万人近いユーザーのために30億ドル以上を処理してきました。

公式ウェブサイト:https://nexo.io

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media contacts for Nexo:
Stella Zlatareva
stella@nexo.io
Sophie Parker
sophie@yapglobal.com

情報提供元:
記事名:「NexoがEarn on Cryptoの金利を2倍に