コロナ禍に受験を迎えたお子様をお持ちの方は、例年よりも大変な思いをされたのではないでしょうか。
学校法人高宮学園代々木ゼミナールは、300名の元受験生への調査をもとに、ショートムービー『緊急事態宣言に飲み込まれた私の受験』を、代ゼミ公式YouTubeチャンネル等にて公開しました。

本ショートムービーの作成には調査の他に、元代ゼミ生約50名が企画段階から脚本段階まで協力。
予備校としては異例の高卒生の皆さんに向けた動画で、新型コロナウイルスにより、“いつもとは違う環境”で受験に立ち向かってきた皆さんを応援するショートムービーです。

元受験生300名からの調査結果をもとに、受験期の「いつも通り」を描く
大学受験は、受験生の努力だけでなく、サポートする家族の存在があってはじめて乗り越えられるもの。
今回のショートムービーでは、「コロナ禍の受験」という非日常的な生活の中での母親からのサポートと、孤独を感じながらも受験に挑む娘の姿が描かれています。
なお、今回の制作に際して実施した独自調査で、過去3年の間に大学受験を経験した元受験生300名に調査したところ、全体の9割以上が「受験期間中、家族や友人、先生のサポートのおかげで受験を乗り切ることができた」と回答しており、人と人とのつながりは、受験生にとっても大きな活力となっていたことがわかります。

親子それぞれの受験について~「いつも通り」が選ばれる~
今回、直近3年間に大学受験を経験した、親/子ども各300名ずつ、計600名を対象に独自調査を実施しました。その結果を公開します。

◆親も子も「いつも通り」の日々を求めている
親と子どもそれぞれに大学受験期間中に心がけたこと/嬉しかったことを聞いたところ、ともに「いつも通り」の環境がトップとなりました。
今年の受験生は新型コロナの影響で、「いつも通り」な状況が少なかった中、家で過ごす時間の長かったであろう受験生は、家族からの「いつも通り」のサポートによって、支えられていたことがわかります。
約8割の親が、子どもの大学受験のために「時間や労力をいとわない」という想いをもっている
78.7%の親が「子どもの大学受験のために時間や労力をいとわない」と回答しています。
受験生だけでなく、受験生の子どもをもつ親もまた、受験に対する思いが強いことがわかりました。

コロナ禍で大変な状況だったからこそ、「いつも通り」を大切にした1年となりました。
親子でショートムービーを視聴して、受験の思い出を振り返ってみてはいかがでしょうか。

【参考】
※『緊急事態宣言に飲み込まれた私の受験』ショートムービー
https://youtu.be/Vx-vBWRgXRc

※「代ゼミオンラインコース」紹介ページ
https://www.yozemi.ac.jp/course/online/

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「コロナ禍での受験の日常を描くショートムービー『緊急事態宣言に飲み込まれた私の受験』が公開