最新ギアのリリース合戦が激化するこの時期、どうせ買い足すなら室内でも使いやすいものを選びたいところ! ウッドファニチャーに定評のある2つの老舗ブランドから今季登場予定のリラックスチェアは、いずれもお部屋に置いても様になる逸品だ。

【BYER OF MAINE】バタフライチェアが日本限定のホワイトアッシュ仕様に。

木材とキャンバスを組み合わせた野外用家具を一世紀以上も供給してきたアメリカの「BYER OF MAINE(バイヤーオブメイン)」からは、ホワイトアッシュを使用した日本限定のバタフライチェア。

30年代後半に登場したバタフライチェアのカバーやフレームを見直し快適性・耐久性が向上した復刻モデルが、ホワイトアッシュを使った日本限定モデルとしてラインナップ。¥17050(問)エイアンドエフ tel:03-3209-7575 www.aandfstore.com/

 

【Spatz】スイス発の老舗ギアブランドから上質なウッドファニチャーが上陸。

そして85年以上の歴史を持つスイスのギアブランド「 Spatz(スパッツ)」からはブナ材を使用したフォールディングチェアがスタンバイ!

座面にほどよい傾斜がかかったリラックスチェア。ドイツ産の上質なブナ材を使用したフレー ムは収束型のフォールディング仕様。スイスブランドらしいカラーもポイント。¥14300(問)バーリオ tel:075-354-6604 www.barriojapan.com/

ウッドの温かみある質感とキャンバスのハリのある座面を有した2つのリラックスチェアは、フィールドでも家でも快適な座り心地を提供してくれることうけあい。アメリカの古豪かスイスの老舗か、どちらにするかが悩みどころだ。

Photo/Shouta Kikuchi

情報提供元:GO OUT
記事名:「アメリカ「バイヤー」とスイス「スパッツ」。2つの老舗がおくる、上質な木製リラックスチェア。