0b02f52f71655564

オクラは通常は茹でてから食べますが、実は生でも食べられるんです。茹でたものに比べ、シャキシャキとした食感を楽しめるので、旬の時季はぜひ味わってもらいたいもの。でも生で食べても危険性はないのでしょうか?この記事では、オクラを生で安心して食べるための方法と、おすすめの簡単レシピをお伝えします。

オクラは生で食べてOK!

新鮮でやわらかいオクラは、正しく下処理をすれば生で食べられます。細かく刻んだり、薄くスライスしたりして、シャキシャキ、ネバネバとした食感を楽しみましょう。茹でたオクラとは違い、歯触りがよく、オクラ本来の風味をよく感じられます。

生で食べるなら、6~7月頃のオクラがおすすめです。この頃はオクラが出回りはじめる時期で、やわらかいオクラが多く生で食べるのにぴったり。

普段は茹でて食べている方も、この時期にやわらかそうなオクラを見かけたらぜひ試してみてくださいね。

生で食べたときに危険性はあるの?

7b2afbc6b040aaa3

オクラは生で食べられるといっても、本当に大丈夫なのでしょうか?
オクラを生で食べる際の注意点をお伝えします。

正しく下処理しないとトゲが刺さる可能性がある

オクラの表面には、うぶ毛といわれる細かなトゲのようなものがついています。塩でもむことでうぶ毛を取ることができますが、この下処理をしないまま食べると口の中に刺さったりして口当たりも悪くなってしまいます。

やわらかいオクラの場合や、細かく刻んで食べる場合は下処理が必要ない場合もありますが、生で食べるときはしっかり下処理しておく方が安心です。

たくさん食べると消化不良になることも

オクラを生でたくさん食べることで、消化不良を起こしてしまう可能性が考えられます。
野菜は加熱したものより生の方が消化に時間がかかることと、オクラは野菜の中でも食物繊維が多いため、食べすぎると消化器官に負担をかけてしまう恐れがあります。

食べすぎなければ心配はありませんが、胃腸の調子が悪いときはなるべく避け、また消化器官の未熟な小さい子どもには少量にしておくなどの工夫をするといいでしょう。

新鮮なオクラの見分け方

0dff9ca5b6e70bcd

生で食べられる新鮮なオクラは、以下の選び方を参考にしてください。

  • 鮮やかな緑色をしている
  • うぶ毛が密集して生えている
  • ヘタの切り口が変色しておらずみずみずしいもの
  • 触ってやわらかいと感じるもの

また大きく育ちすぎたオクラは、硬いと感じるものが多いです。生で食べるなら、大きすぎない小ぶりなサイズのものがいいでしょう。

生で食べるときの下処理のコツ

生で食べるときは、まずヘタを切り落とします。ガクとよばれる硬い部分のすぐ下を切りましょう。

7cd7d945aba0f034

そのあとは、塩を小さじ1/2ほど振りかけて、手で押さえるようにして前後に転がして塩ずりします。

Dc25cc2132a58eba

塩ずりしてうぶ毛を取ったら、水で塩を洗い流して下処理は完了です。あとは食べやすい大きさに切りましょう。

生のオクラと茹でたオクラを食べ比べ

生のオクラはシャキシャキとした食感が特長とお伝えしましたが、茹でたものと比べるとどのような違いがあるのでしょうか。薄切りにしたものを食べ比べてみました。

1382ec02e4091555

まずは見た目を比較してみます。生のオクラは緑が濃いですが、茹でたものは鮮やかな緑に変化しています。また粘り方は、生のものは糸は引いているものの、茹でたオクラと比べると粘りが少ないように見えます。

食べてみると、生のオクラはとにかくシャキシャキ。食べはじめの粘り気は少ないものの、噛んでいると口の中で粘り気が増していきます。そしてフレッシュな青みのある味わいを感じ、オクラの香りを楽しめました。

茹でたものは、シャキシャキは少ないものの、粘り気はねっとりとしていて強めです。味はオクラの青臭さが適度に抜け、生のものに比べると甘みが出ているのがわかります。

生と茹でたものはかなり印象が変わるため、好みが分かれるかもしれません。オクラの食感や香りを楽しみたいなら生で、ねっとりとした粘り気を楽しみたいなら茹でて、といった風に、気分や好みに合わせて選ぶとよさそうです。

オクラの食感を楽しめるレシピ♪生オクラとささみの梅和え

F72862e2b97755d0

生のオクラをおいしく味わえる、簡単なレシピをご紹介します。

材料(2人分)

オクラ…4~5本
鶏ささみ…2本
酒…大さじ1
塩…少々
○めんつゆ(2倍濃縮)…小さじ2
○梅肉…小さじ1
白いりごま…少々

作り方

  1. オクラはヘタを切り落とし、塩ずりしてうぶ毛を取り水洗いする。2mm幅程度の薄切りにしておく。
  2. 鶏ささみを耐熱皿に並べ、酒と塩を振ってふんわりとラップをする。電子レンジ600Wで1分加熱し、一旦取り出してひっくり返し、再度1分加熱する。加熱が足りないようであれば、10秒ずつ様子を見ながら加熱する。粗熱が取れるまでそのまま置いておく。
  3. 鶏ささみを手でほぐし、オクラ、○の調味料と合わせる。器に盛り白いりごまを飾る。

梅肉は梅チューブを使ってもOKです。まためんつゆをポン酢に変えるとさっぱりとした味になります。また鶏ささみでなくても、大根おろしやちりめんじゃこ、納豆と合わせてもおいしいですよ。

旬のオクラを生で味わってみよう!

オクラが生で味わえるのも、旬ならではの楽しみです。新鮮なオクラを見かけたら、ぜひ生で食べてみてくださいね。

情報提供元:トクバイニュース
記事名:「旬のオクラは生がおいしい!安心して食べられる下処理のコツと新鮮なオクラの見分け方