1月7日、90年代に人気となった漫画『SLAM DUNK(スラムダンク)』の作者である井上雄彦さんが、自身のTwitterアカウントで新作アニメーション映画の制作を発表しました。


https://twitter.com/inouetake/status/1347026926569803776

【スラムダンク】映画になります!

このツイートに対して、多くの海外ファンが英語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語、中国語、タガログ語などで反応しています。


https://twitter.com/akumandre/status/1347028345981181958

・井上先生ありがとう、愛してます!
・ハッピーです
・オーマイガー!
・冗談かと思ったら・・・
・バッドボーイズのおでましだ
・『SLAM DUNK』なしの人生なんて考えられない
・マジっすか!?
・やっと最高の漫画が帰ってくる
・信じられない
・なんだって?
・もう死んじゃいそう
・最高のスポーツアニメが帰ってくるよ
・なんというサプライズ
・全国大会!
・生きてて良かったあ
・湘北ファイトォォ!
・アニメ映画でお願いします

映画『SLAM DUNK スラムダンク(タイトル未定)』ティザーサイト
https://slamdunk-movie.jp/[リンク]

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/inouetake/status/1347026926569803776

(執筆者: 6PAC)

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「『SLAM DUNK(スラムダンク)』の映画化発表に湧く海外ファン 「『SLAM DUNK』なしの人生なんて考えられない」「もう死んじゃいそう」