マーケターはトレンドを意識することが求められますが、コロナの影響により人々の生活スタイルが大きく変化し、従来のマーケティング戦略が通用しない状況が生まれています。 そこで、あらゆる販促製品・マーケティングサービスを持つ企業が一堂に会し、サービスを比較・検討できる場として開催された、DMM[SHOWBOOTH]主催の「マーケティング・販促サミット2021 Spriing」。本記事では「小売のマーケティング、小売とマーケティング」をテーマに、北海道のドラッグストア・サツドラのCEOである富山浩樹氏が、全国チェーンを相手にサツドラが行ったブランディング戦略について語りました。

全文を読む