朝の水洗顔は○?洗顔料を使った方が良いの?

洗顔料を使った方が良いの?
出典:byBirth

朝に洗顔をする目的は、寝ている間に肌に付着した汗や皮脂、不要な角質、ホコリ、そして夜に塗ったスキンケアの残った余分な油脂などを取り除くためです。

この汚れを放っておくと毛穴が詰まったり、べたつきやテカリなどといった肌トラブルにつながってしまうので、朝に洗顔をする必要があるのです。

朝の肌に付着している汚れなどは、日中に外気に触れて付着した汚れやメイクなどよりも多くないため、必ずしも洗顔料を使った方が良いというわけではありません。ですが、夏場などは皮脂が気になる場合もありますので、肌のコンディションに合わせて洗顔料を使うか使わないか、都度考えるのが正解です。

乾燥による肌荒れがひどいときには、朝は水だけでサッと済ませても良いですし、皮脂や汗が気になったら洗顔料を使ってもOK。

ただ、冷たすぎる水を使うと肌に刺激を与えてしまうため、水洗顔の場合には人肌のぬるま湯を使うようにしましょう。また、洗顔料を使うときにはしっかりと泡立てて、肌をゴシゴシこすらないようにすることが重要です。

朝の洗顔3つのポイント

朝の洗顔は、自分の肌のコンディションに合わせて行うのが重要。 毎朝の洗顔方法を考えるヒントになる、3つのポイントをご紹介します。

乾燥がひどい時以外は洗顔料を使う

乾燥がひどい時以外は洗顔料を使う
出典:byBirth

乾燥肌や敏感肌の方、そして乾燥が気になる季節など以外は、朝も洗顔料を使ってOKです。その場合は、低刺激で保湿力のある洗顔料を使うようにしましょう。

界面活性剤を使っておらず、添加物が入っていないシンプルなアイテムを選ぶことで、肌への刺激を抑えながら朝の肌を清潔にしてあげることができます。

また、肌を摩擦しないように洗顔料をしっかりと泡立てて洗顔することも重要です。忙しい朝には、あらかじめ泡になって出てくるタイプの洗顔料がおすすめです。

手早くスピーディに済ませる

手早くスピーディに済ませる
出典:byBirth

ただでさえ忙しい朝。洗顔は素早く終わらせたいものですが、それは肌にとっても大切なことだったりします。

たとえ肌に優しい洗顔料を使っていたとしても、長時間肌に触れさせてしまうと、それだけで刺激になってしまいます。肌の乾燥や皮脂の過剰分泌に繋がってしまい、せっかく洗顔後にしっかりメイクをしても、崩れやすくなってしまうかもしれません。

泡立てた洗顔料で撫でるように優しく洗ったら、ぬるま湯で素早く落としましょう。洗顔料を使わない場合も肌を刺激しないように、ぬるま湯を手のひらに溜め、バシャバシャとせずに顔をそっとつけるようにして洗います。

同様の理由から、洗顔料の洗い残しにも気をつけましょう。

ジェル、拭き取り化粧水などのアイテムを使うのも○

ジェル、拭き取り化粧水などのアイテムを使う
出典:byBirth

乾燥肌や敏感肌の方でも、夏場などはTゾーンのべたつきが気になったりしますよね。そのような場合には、一般的な洗顔料よりも保湿力の高い、朝用の洗顔料を使うのがおすすめです。

特におすすめなのが、泡立てないジェル状の洗顔料。「泡立てないのなら、肌に刺激を与えてしまうのでは?」と思うかもしれませんが、実はジェル状の洗顔料には水分や保湿剤が多く配合されているため、肌に優しく使うことができるのです。泡立て不要なので、急いでいるときにもぴったり!

また、ぬるま湯のみの洗顔の後に、拭き取り化粧水を使うのもおすすめです。特に皮脂などが気になるTゾーンだけなど、パーツごとの状態に合わせて使えるため、スキンケアの効率がアップします。

ただ、拭き取り化粧水を使う際にはコットンを使うため、ゴシゴシと肌を何度もこすってしまいがちなのがネック。指先に力を入れないようにして、優しく肌を拭うように使いましょう。

自分の肌に合った洗顔方法でご機嫌な朝を

自分の肌に合った洗顔方法でご機嫌な朝を
出典:byBirth

朝洗顔には「水だけで良い」「洗顔料を使った方が良い」など、いろいろな意見が広まっています。でも、肌の状態は千差万別。当然人によっても違いますし、季節や生活習慣などによっても状態がすぐに変わります。そのため、毎朝自分の肌と向き合い、洗顔料を使った方が良いのか、それともぬるま湯洗顔にするのか、都度決めていくのがベターです。

忙しい朝は、つい自分の肌に手をかけてあげるのが面倒になってしまうものですよね。ですが、ここは敢えて自分に合った洗顔料を楽しんで探してみるのはいかがでしょうか。

泡で出てくる洗顔料にジェル状の洗顔料、無添加の洗顔料、オーガニック処方の洗顔料など、朝の自分の肌のために専用の洗顔料を探してみてください。まずは自分の肌と向き合い、自分の肌に合ったアイテムを選んで、ご機嫌な朝を迎えましょう。

情報提供元:GODMake
記事名:「朝の「水洗顔」はNG?水洗顔の正しい方法とは