意外と知らない!朝と夜のスキンケア方法の違いとは?

朝と夜のスキンケア方法の違いとは
出典:byBirth

朝と夜のスキンケア方法は異なります。朝と夜のスキンケア方法の違いを見ていきましょう。

朝のスキンケア方法とは

朝のスキンケアは、日中の紫外線やハウスダスト、花粉、乾燥などからお肌を守るために行います。従って、朝に、ハイドロキノンなどの美白成分入りのクリームでケアを行ってはいけません。なぜなら、ハイドロキノンは、紫外線を浴びると日焼けになりやすいという特徴があるからです。

つまり朝は、乾燥から守るための保湿と、紫外線から守るためのUVケアがメインとなります。

ハイドロキノン以外にも、夜のみと記載がある化粧品は、必ず夜のみ使用するようにしましょう。

夜のスキンケア方法とは

夜のスキンケアは、日中に受けた刺激を労わるケアが必須です。お肌の汚れを落とし、保湿成分や栄養を与えることが基本です。また、スキンケアだけではなく、お肌のゴールデンタイムと言われている時間にしっかりと睡眠をとることも必要です。

良い睡眠ができるように照明を工夫したり、リラックスできるバスタイムを過ごしたりして、昼間の緊張を和らげていきましょう。

夜のスキンケア方法徹底解説!

夜のスキンケア方法徹底解説
出典:byBirth

夜のスキンケア方法を解説します。

夜のスキンケアの順番

  1. クレンジング
  2. 洗顔
  3. スペシャルケア
  4. 化粧水
  5. 美容液
  6. 乳液やクリーム

この順番で行います。スキンケアの気を付けるべきポイントを見ていきましょう。

クレンジング

クレンジングは、マッサージをするように落とす方も多いですが、この時にお肌をこすりすぎないようにしましょう。落としにくいマスカラやアイライナーは、専用のリムーバーを使用します。

洗顔

メイクはクレンジングで十分に落ちているので、お肌に刺激の少ない洗顔料を使用します。手でゴシゴシすることがお肌トラブルの原因になるので、よくキメの細かい泡を立てて洗いましょう。

アミノ酸系やグルコシド系の弱酸性の洗顔料が良いでしょう。

スペシャルケア

スペシャルケアとは、パックやお顔のマッサージです。洗顔後に行うことが理想です。しかし、パックに記載されている用法を守って使用することが必須です。

また、マッサージをする際に、何もお顔に塗らずに行うとお肌に刺激が強い為、マッサージ用のクリームや滑りの良い化粧水を塗ってから、ゴシゴシせずに優しく行いましょう。

化粧水

乾燥が気になるときは、コットンを含んだ化粧水でパックをしましょう。手で化粧水を塗るよりもコットンを使用したほうがお肌が潤います。乾燥が気になる部位や、毛穴の開きが気になる部位にコットンパックをしましょう。

美容液

美容液は、ニキビがある方は、栄養分が逆効果になることもあります。ニキビがひどい場合は、美容液をお休みすると良いかもしれません。しかし、ニキビはお肌の病気なので治らない場合は、皮膚科や美容クリニックに必ず相談しましょう。

保湿成分や、シミ、シワに効果が期待できる自分に合った美容液を探してみてください。

乳液・クリーム

乳液やクリームは、水分を閉じ込める為に必要です。乳液とクリームは同じだと思われる方も多いですが、厳密にいうと役割が異なります。

乳液は、油分と水分の両方を与えることが目的です。クリームは、お肌の外からの刺激から守る働きがあります。

寝ている間に日中に受けた外からの刺激によるダメージから回復する為に、ナイトクリームでケアするのも良いでしょう。

あなたの洗顔やクレンジングのタイミングあってますか?

あなたの洗顔やクレンジングのタイミングあってますか
出典:byBirth

あなたは、クレンジングや洗顔をどこで行っていますか。クレンジングや洗顔は、体が温まり毛穴が開きやすい浴室内で行いましょう。体が温まって汗と共に皮脂も流れやすくなります。

毛穴汚れが気になる方は、特にバスタイムに行うようにしましょう。洗顔をするタイミングも重要です。

洗顔やクレンジングのタイミングとは

  1. 髪の毛を洗う
  2. 体を洗う
  3. 顔を洗う

顔を洗ってからシャンプーやトリートメントをしてしまうと、シャンプーやトリートメントが流れ切らず、顔に残ってしまいます。その結果、お肌トラブルが起きやすくなります。

必ず、洗顔は一番最後に行いましょう。

朝は朝、夜は夜に必要なスキンケアをしましょう

朝は朝、夜は夜に必要なスキンケアをしましょう
出典:byBirth

いかがでしたか?今回は、朝と夜のスキンケア方法の違いと夜の正しいスキンケア方法について解説しました。

お肌に潤いを与えたり、栄養を補給することも大切ですが、お肌に負担をかけないスキンケアを行うことも同じくらい大切です。入浴中に、顔を洗うタイミングを間違えるだけでもお肌に負担をかけてしまいます。お肌は、いつも清潔な状態を保つことを意識していきましょう。

また、ハイドロキノンなどの美白成分は、紫外線にあたると日焼けしやすくなります。最近は、インターネットでも簡単に購入できる成分なので、使い方を間違えている方も多いはずです。「夜のみ使用しましょう」と記載のある化粧品は、必ず夜のみにしましょう。

良かれと思って毎日行っていたスキンケアが、お肌トラブルの原因となっている可能性もあります。お肌トラブルが治らない方は、今一度、朝と夜のスキンケア方法を見直してみましょう。

情報提供元:GODMake
記事名:「朝と夜のスキンケアの違い徹底解説!夜の正しいお手入れとは?