ちんまりと箱入りの猫、一抹の懐疑も持たぬ顔を浮かべる
これは間違いありません。箱にすっぽり収まったと信じている顔です。 猫がよく浮かべる表情の一つ「幼少期に入れた箱には、今も入れる」顔の事例のなかでもとびきりの、自信と誇りが溢れるドヤ顔を見つけて参りましたので、どうぞご覧あれ。
これ以上無いほどにピッタリサイズの箱を見つけた顔の、ラグドールのララちゃん。迷いのない一歩を踏み出し、疑うことなく体を丸め、一抹の不安も疑問も持たずに体を箱に収めましたが、メントスコーラのごとくモフモフ毛皮があふれ出しております。 周囲の視線も何のその。心配そうに見つめるカメラに寄こすのは、百点満点の自信を満面に湛えたドヤ顔。鼻黒を黒光りに光らせてこれ以上無いドヤ顔であります。そして最後はスフィンクス体勢のままスヤスヤとご就寝。じっと見つめておりますと、我々に必要なのはこのくらいの自信なのかもしれないなどという妄想が広がるのであります。 [小さい箱でどや顔猫   Too small box & Cat/YouTube]The post ちんまりと箱入りの猫、一抹の懐疑も持たぬ顔を浮かべる first appeared on 猫ジャーナル.

【関連記事】

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「ちんまりと箱入りの猫、一抹の懐疑も持たぬ顔を浮かべる