来年の年の初めのお年賀は、猫の手借りたあけおめ装置で
お年玉までついて、これは幸先のよいスタートが切れそうです。 2020年も残すところ1カ月あまり。もう来年の自分に期待するほうが早い気分が漂って参りましたが、皆さま御加減はいかがでしょうか。年の初めのためしだった新春かくし芸大会がなくなってから久しいですが、あの懐かしのお正月の空気を伝える猫動画を見つけて参りましたのでご覧ください。
新しき一年を占う任務を命じられたのは、白サバ子猫のウル。枕棚っぽい場所に設置された意味ありげな巻物と野球のボールというシンプルな装置を前に、猫の好奇心はフル稼働。 ちょいちょいとボールを転がしているうちに、絶妙な強さでボールを当てて巻物を落として、現れたのはあけおめメッセージ。お正月らしく「猫が球を落として、コレがホントのお年玉」というシャレもセットになっておりまして、現代では失われた、あのかくし芸大会の余韻を伝える映像となっております。 [猫からの「年賀状」と「おとし玉」Happy new Year cat 【いなか猫901】japanese funny cat/YouTube]The post 来年の年の初めのお年賀は、猫の手借りたあけおめ装置で first appeared on 猫ジャーナル.

【関連記事】
オペラ歌手の自宅配信コンサート、猫の日光浴に一転
来年の初詣先は猫神様、猫助けにもなる段ボール製猫神社
浴槽を水飲み場だと思っている猫、器用に蓋開け水分補給

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「来年の年の初めのお年賀は、猫の手借りたあけおめ装置で