猫は年齢を重ねるほど表情が豊かになり、穏やかな性格になることが多いといわれています。それは、年齢を重ねた余裕から、ちょっとしたことに動揺しなくなるからでしょう。

加えて、飼い主さんと過ごした時間の長さから、どういう行動が飼い主さんを喜ばせるかを猫は学んでいます。そのような少しずつの性格の変化が、穏やかになったと感じる理由です。

老猫のかわいさの魅力とは?

窓辺で眠る猫

pixabay.com

個体差はありますが、どんな猫でも老猫になると共通で見られる特徴があります。

その中でも特に飼い主さんがかわいく感じるポイントをご紹介します。

動きがゆっくりになる

猫というと、まったり日向ぼっこしている姿を想像できます。

しかし、子猫時代は活発なことが多く、まったりしているというより走り回っていることが多いでしょう。飼い主さんにとっては落ち着けない環境になってしまうことがあります。

一方、老猫になると何をするのにも時間がかかります。ごはんをのんびり食べて、ゆっくり甘えて、まったりと日向ぼっこをします。このような姿は、老猫の飼い主さんにしか味わえない癒やしといえます。

やわらかい性格になる

人間も年齢を重ねるにつれて性格が変わります。中には頑固になる人もいますが、大抵は年齢を重ねるにつれて角が取れて、やわらかい性格になるのではないでしょうか。

それは猫も同じで、老猫になるにつれて柔らかい性格になり、飼い主さんも扱いやすくなることがほとんどです。

静かになる

老猫になると体を動かすのが面倒になり、今まで活発だった猫がおとなしくなります。

やんちゃでいたずら好きの性格も、年齢を重ねるにつれて落ち着いて、窓辺でまったり過ごす時間が増えるでしょう。

飼い主さんに甘えるようになる

以前は飼い主さんに無関心だった猫がスリスリをしてきたり、ニャーとかわいい声で鳴くようなったりすると嬉しいですね。

老猫にこうした行動が多く見られるのは、年齢を重ねるにつれて体を動かすことが面倒になり、ごはんや水を持ってきてもらいたくて甘えるからといわれています。

理由はどうであれ、愛猫が甘えてくれるのは飼い主さんにとって嬉しいことです。

甘える猫

pixabay.com

よく寝る

猫も子供も寝ている時が一番かわいい、なんていわれることがあります。

老猫になると寝ている時間が増えるため、飼い主さんは愛猫のかわいい寝顔を長い時間じっくりと楽しめるようになります。このような特典は、老猫ならではといえるでしょう。

落ち着きがある

愛猫が若い時は焦って行動している姿をよく目にしたかもしれません。

しかし、老猫になると少しのことでは動揺しなくなります。この慌てない様子やなんともいえない落ち着きは、年齢を重ねた猫にしか出せません。この風格が、飼い主さんにとってはかわいらしく見えます。

お互いに相手のことを理解できる

一緒に過ごす時間が長ければ長いほど、相手のことを理解できます。年月の分だけ一緒に過ごしてきたので、飼い主さんは愛猫の気持ちや好みを知っています。愛猫を知れば知るほどかわいさが増して、かけがえのない存在になります。

一方、愛猫のほうも飼い主さんをよく理解しており、どのような甘え方をしたら動いてくれるかを知っています。

愛猫が甘えてくる姿はとてもかわいいですし、たとえ愛猫にいいように使われていると分かっていても、ついつい応じてしまいたくなりますね。

失敗が増える

老猫になると、いままでジャンプをできていた場所で失敗するようになるかもしれません。それは筋力の衰えが原因です。

とはいえ、そのような失敗する姿も飼い主さんにはかわいく映ります。けがをしないように注意は必要ですが、愛猫が尻もちをついている姿はなんともいえないかわいさがあります。

老猫を飼育するときに気をつけること

ベッドでくつろぐシニア猫

pixabay.com

猫も年齢を重ねると体力や筋力が落ちてきます。ですから、年齢に応じて愛猫の生活環境を変えてあげる必要があるでしょう。

飼い主さんの少しの心がけで、愛猫は年齢を重ねても快適に過ごすことができます。次の点に注意して環境を用意しましょう。

  • 飲水やトイレの場所を増やして行きやすくする
  • バリアフリーにできるだけする
  • 床で滑らないようにマットなどを用意する
  • キャットタワーの段差を増やして上り下りをしやすくする
  • 静かで落ち着いて過ごせる環境を用意する

まとめ

猫も年齢を重ねるにつれて味が出てきます。老猫は、衰えた体をカバーするためにゆっくりと行動することが増えます。そのような姿はより一層猫らしさを引き出し、飼い主さんをメロメロにしてしまうほどです。

飼い主さんが年齢に伴う負担と上手に付き合っていければ、愛猫も楽しい老後を過ごせます。老猫は確かにかわいいですが、飼育には少し気を使う必要があります。

若い時のようには動けないので、生活環境を見直して、老猫が快適に過ごせる工夫をしましょう。そうすることで、愛猫と過ごす期間をより長く保つことを期待できます。

情報提供元:mofmo
記事名:「お年寄り猫がかわいい!年齢を重ねることで出てくる魅力がいっぱい!