ライブのチケットやゲームハードなど、多数の人からの需要があったり、一部の人が喉から手が出るほど欲しい物を買い占めてしまう行為。定額で他の方に譲ったりする場合であれば全く問題の無い行為ですが、定額よりも高額で売って利益を得るとなると、迷惑な行為であると言わざるを得ません。

転売ヤーって

結局、定額以上で転売するのに学は特にいらず、特別な技能も才能も大層な努力もいらないワケです。必要なのは行動と恥や外聞を捨てること。とても楽しみにしていた新製品が買えず、フリマサイトなんかで何倍もの値段でいくつも売られている光景をみたら、転売ヤーに文句を言いたくなる事でしょう。そんな心を代弁してくれたのがこちら...!

京都ヨドバシが爆煽り

画像には、人気ソフト「あつまれ どうぶつの森」で作られた「倉庫に沢山の在庫が残っている人」が。ヨドバシカメラさんもかなり転売に辟易している様子が伺えます。それにしても、流石のキレの良さ。(ちなみに、トップ画は梅田のヨドバシカメラです。)

Twitterの反応

平和に、欲しい人の手に渡って欲しいという思いが見えます。

京都パワー。

転売ヤーが転売失敗で在庫を売りさばこうとしていても正規のルートで手に入れ続ければ、いずれ転売行為も少なくなっていくはずです。

PS5の転売とメルカリ民の激突などもありましたが、本当に欲しい人の手元に定価で欲しい物が届くという当たり前が返ってくることを願っております。

画像掲載元:写真AC

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「ヨドバシカメラがキレッキレの皮肉がきいた転売ヤー煽りが話題に