image:秒刊SUNDAY

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、緊急事態宣言による感染防止策に取り組んでいる状況です。これによって、勤務形態が変わったりして影響を受けている人も多いでしょう。中でも飲食店の影響は大きく、居酒屋では主力となる酒類が提供できない事態となっています。そんな状況下の居酒屋では、酒類に変わる新たな文化「クリームソーダ」が流行ってきているようです。

居酒屋系クリームソーダ

酒類の提供できなくなった居酒屋では、クリームソーダを出す文化が流行ってきているようです。言われてみれば、アイスをデザートに置いている居酒屋は多いので、新たな材料を仕入れることなく簡単にシフトがしやすそうです。

昼間の居酒屋へ行ってみた

image:秒刊SUNDAY

まだお昼時ではありますが、居酒屋までやってきました。いつもは夜に営業している居酒屋ですが、このご時世なのでランチ営業をしていました。

image:秒刊SUNDAY

席についてメニューと開くと、ズラリと定食が並んでいます。話を聞くと、酒類が提供できないので、今はほぼ定食屋としてシフトチェンジをしたそうです。居酒屋とは思えないラインナップが並んでおり、ここまで本気だと居酒屋なのか定食屋なのか分かりませんね。

image:秒刊SUNDAY

お腹も空いていたので、回鍋肉定食を注文しました。本場の中華も驚くクオリティの定食が出てきました。

image:秒刊SUNDAY

酒類が提供できない今ですが、せめて気分だけでもとノンアルコールビールだけは注文することができます。早く本物のお酒が飲めるようになって欲しいですね。

image:秒刊SUNDAY

気になる定食の味ですが、こんなのご飯に合わない訳がありません。箸を止めることなくペロリと完食してしまいました。

居酒屋系クリームソーダを頼んでみた

image:秒刊SUNDAY

それでは本題のクリームソーダを頼みましょう。まだお昼時ですが、この時点でお客さんは筆者くらいしかいませんでした。

image:秒刊SUNDAY

定食を出したり、新しい試みにも挑戦していますが自粛ムードの影響は大きく、客足を伸ばすことは難しいとのことでした。日中営業をしていますが、最近では昼時を過ぎるとお客様が来ない状況が続いているため、日が沈む頃まではお店を閉めてしまうそうです。

image:秒刊SUNDAY

そして完成したクリームソーダがこちらです。色鮮やかなクリームソーダが並んでいます。ソフトドリンクにバニラアイスが乗ったシンプルな物ですが、こうしてみると綺麗ですね。

image:秒刊SUNDAY

青いのはもちろんブルーハワイです。食べなくとも分かる安定の美味しさです。

image:秒刊SUNDAY

緑色はメロンソーダです。やはりクリームソーダといえばメロンソーダを想像してしまうのは筆者だけではないはずです。

image:秒刊SUNDAY

一際目立つ赤色の正体はクランベリーでした。甘酸っぱい味がバニラアイスとの相性も抜群に良いです。

image:秒刊SUNDAY

黄色っぽいこいつの正体はレモンソーダでした。たしかに居酒屋といえばレモンサワーです。レモンサワー好きの筆者としては、この組み合わせはテンションが上がります。まだまだお酒が飲めない時期ではありますが、この機会に居酒屋でクリームソーダを飲んで一息ついてみてはいかがでしょうか。

クリームソーダといえば、簡単な上にコスパも最高、なのにちょっぴり贅沢気分な大人クリームソーダを作る方法も試してみましょう。

取材協力:「炭火はじめ」店舗情報

神奈川県相模原市緑区橋本3-13 パークスクエア1F
営業時間:11:30~24:00
定休日:不定休日あり
総席数:68席
HP:https://www.instagram.com/sumibihazime

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「コロナで酒類提供が禁止、仕方なく居酒屋でクリームソーダを頼んだら新たな楽しみを発見