image:秒刊SUNDAY

あなたは「吹き戻し」で遊んだことがあるでしょうか。息を吹きこむとクルクルと巻かれた紙が伸びたり縮んだりする子供向けのおもちゃです。そんな「吹き戻し」の種類の中に、「地獄のピーヒャラ」という商品があります。それはこれまでの吹き戻しとは比べ物にならないほど高いレベルを求められるものでした。

地獄のピーヒャラがネットで話題に

「地獄のピーヒャラ」というネーミングも驚きですが、参考画像の衝撃さがネットで話題になっています。こんな吹き戻しなら、大人になった人でも1度挑戦してみたくなる魅力があります。

地獄のピーヒャラを買ってみた

image:秒刊SUNDAY

地獄ピーヒャラを購入してきました。

image:秒刊SUNDAY

意外とコンパクトにまとまっていると思ったら、自分で組み立てる方式のものでした。

image:秒刊SUNDAY

パーツをただつなぎ合わせていくだけなので、子どもでも簡単に作ることができそうです。

image:秒刊SUNDAY

2、3分ほどで完成しました。なかなかイカついです。

地獄のピーヒャラを吹いてみた

image:秒刊SUNDAY

説明書によれば、11個以上巻紙を伸ばせたら中々頑張っている方のようです。

image:秒刊SUNDAY

いざ吹いてみましょう。

image:秒刊SUNDAY

きつい!全然伸びない!

2、3本伸びれば良いレベルです。

image:秒刊SUNDAY

空気が通りやすいように組み立て方を変えてみますが、7、8本も伸びれば良い方です。これは全部伸ばし切るなんてとても無理です。肺活量に自信のある方は、ぜひ地獄のピーヒャラに挑戦してみてはいかがでしょうか。

おもちゃといえば、大人も楽しめる鬼滅の刃のおもちゃもチェックしておきましょう。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「これが吹けたらプロの水泳選手レベル「地獄のピーヒャラ」に挑戦してみた