マクドナルド

image:秒刊SUNDAY

トランスジェンダー・LGBTなど最近は、人一人の尊厳を尊重し、自由な生き方がトレンドになりつつあります。そんな中人気のスタイルは、野菜中心の食生活「ビーガン」。と言ってもビーガンにも様々なレベルがあります。軽いものから、かなり気合を入れたものまで幅広いのですが、いずれにせよ肉は食べてはいけないという決まりです。

とあるビーガンの女性がマクドナルドを利用…すると…

ということで話題となっているのはこちらの女性。

ルイーズ・デイヴィスさん(50歳)は11歳の娘と一緒にマクドナルドに訪れた。

彼女はビーガンなので、ビーガン向けのハンバーガーを注文。

その際に頼んだのが「Vegetable Deluxe」という商品。つまり野菜のハンバーガー。

参照:Vegetable Deluxe

中身はレタスと千切りのサンドソースを添えた赤ペスト野菜のコロッケ。

まさしくビーガン向けの商品というわけですが、実はこの商品、結構トラブルが多い。

そのトラブルとは…

中身がコロッケではなく、チキンフィレ(鶏肉)というドッキリ。

ああ、やられた!

じゃありません、ビーガンにとって死活問題。

野菜しか食べない菜食主義者に、肉を提供するなど言語道断。

しかもこのトラブル、かなり多く、ツイッターには数多くの「ドッキリ」が報告されております。

今回のルイーズ・デイヴィスさんは、不運にもそれに気づかずパクリと咀嚼。

すぐに異変に気づき、吐き出すも、なんとその後12時間も食事ができなくなるという状況に。

しかも彼女、実に40年以上肉を食べていない。

そのため、体調を壊し、病院に駆け込まなければならなかったようです。

ルイーズさんはは、翌朝、イチゴ、パイナップル、バナナ、ブラックベリーのスムージーを使って、正常に戻ったそう。

マクドナルドは間違いについて謝罪。「オペレーションミス」と認め、このインシデントを調査するという。

確かに見た目は、チキンフィレオと似ている。

だからといって、間違えてしまうような工程が多いというのは改善する余地があるのかもしれない。

Source:MirrorUK

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「マクドナルド、ビーガン客に「お肉」を提供しちゃうドッキリ、客大激怒