image:秒刊SUNDAY

「明太マヨ」といえば、おにぎりの具材や、お菓子の味付けなど幅広いジャンルで活躍をしている人気アレンジです。そんな明太子の仲間とも言える存在の「いくら」ですが、「いくらマヨ」という言葉はあまり馴染みがありません。いくらとマヨネーズの組み合わせはどれほどの物なのか、実際に作って試してみようと思います。

いくらマヨって聞いたことある?

「いくらマヨ」って物をあなたは見たことがあるでしょうか。組み合わせとしては、間違いなく美味しそうです。いくら単品だけで充分美味しいので、マヨネーズを加えるなんて余計なことは邪道なんでしょうか。

image:秒刊SUNDAY

それでも気になってしまったのだから、「いくらマヨ」を作ってみようと思います。最寄りのスーパーでプリプリのいくらを購入してきました。これだけの量でも500円近くしたので、気軽に買うことは難しいですね。

image:秒刊SUNDAY

一口味見をしてみます。プチプチとした食感と、いくらの甘味が口に広がってメチャクチャ美味しいです。普段ならばこのまま食べてしまうところですが、今回はマヨネーズを加えていきます。

image:秒刊SUNDAY

マヨネーズをたっぷりといくらに乗せます。もう食べなくとも美味しいことは間違いないと、この見た目だけでも伝わってきます。

image:秒刊SUNDAY

明太子とは違って乱暴に混ぜてしまうといくらが潰れてしまうので、慎重に優しく混ぜていきます。完成が待ちきれないので少しだけ味見をしてみますが、いくらがマヨネーズと合わさることで、クリーミーさが増して美味しさが倍増しています。

image:秒刊SUNDAY

どうやってこの「いくらマヨ」を食べようか迷いますが、ここは白米の上にたっぷりと乗せるのが間違いない食べ方でしょう。ほかほかのご飯の上にたっぷりと「いくらマヨ」を乗せていきます。

image:秒刊SUNDAY

「いくらマヨ」をたっぷりと乗せて、上からパラパラと海苔を散らしたら「いくらマヨ丼」の完成です。これはどこかのお店で採用して欲しいくらい良い感じにできました。

image:秒刊SUNDAY

味は言うまでもなく美味しいです。おにぎりだと、明太マヨや、すじこが定番商品に並んでいますが、ぜひこの「いくらマヨ」も採用してコンビニで販売していただきたいです。この味は、朝でも夜でも万能に活躍できるポテンシャルです。

さらにアレンジしてみた

image:秒刊SUNDAY

さらに間違いないアレンジをしてみましょう。パスタを用意したので、「いくらマヨ」を作ってみましょう。

image:秒刊SUNDAY

素のパスタでも良かったですが、今回はいくらと相性抜群の醤油をパスタに味付けして和風テイストに仕上げています。こんなの絶対に美味しいやつです。

image:秒刊SUNDAY

「いくらマヨ」はパスタとの相性も凄く良いです。見た目もオシャレで、コッテリとしたクリーミーな味は幅広い人に受け入れられるでしょう。まだまだアレンジの幅は無限大なので、ぜひ今日は「いくらマヨ」を食事に加えてみてはいかがでしょうか。

明太マヨといえば、過去にはカルビーの期間限定・ピザポテト明太マヨ風味、2倍ウマくアレンジしてみました。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「明太マヨならぬ「いくらマヨ」を作った結果、異次元の旨さ、コンビニおにぎりで売って欲しいレベル