ガスト

image:秒刊SUNDAY

最近ではテイクアウトが増え、ファミレス店内で食べることが少ないという方も増えてきたのかもしれない。しかしながら、ちょっとした時間つぶしには最適なファミレス。今後もより活用していきたいものですが、あまり使いすぎるとコストはかかってしまう。なんとかコストは抑えられないものか、そんな中こちらの方法があります。

ドリンクバーだけを頼むと439円でコスパは悪い

ガスト

image:秒刊SUNDAY

さて、ガストで時間を潰そう。PCを持って作業をしたい。

そんな方のお供として役立つのが「ドリンクバー」。

いくらでも頼んでも値段は固定という今風で言えば「サブスク」。

しかし、これ単品は意外に値段が高く439円なのです。

ドリンク1杯5円と換算しても、約80杯飲まなければ元は取れない。かなりコスパは悪い。

そんな中、こちらの商品を頼むとなんと「セット」扱いになり価格は241円つまり、200円もお得になる。その商品は…

ちょい盛りポテトフライ

ガスト

image:秒刊SUNDAY

ちょい盛りポテトフライ。

どうぶつの森みたいな名前ですが、このポテトフライの価格はなんと219円。

219円を商品をプラスすると、ドリンクバーはセット扱いとなり、結果200円マイナスになるというカオスぶり。

結局価格としては

ガスト

image:秒刊SUNDAY

・ちょい盛りポテトフライ:219円
・ドリンクバー:241円

合計としては460円。

ドリンクバーのみの価格では「439円」ですので、実質ちょい盛りポテトフライは、21円で注文できるという計算。

まさにぶっ壊れ価格。

ということでガストでテレワークする際は、ぜひちょい盛りポテトフライと、ドリンクバーで昼ごはんを。

Source:ガスト

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「ガストで実質20円でポテトを食べ、ドリンクバーまでつけるコスパ最強の方法