image:秒刊SUNDAY

今年2月に発売されたのですがあっという間に完売!「あつまれどうぶつの森チョコエッグ」は、同じく品薄のamiiboカードよりも入手困難と言われていました。その「あつまれどうぶつの森チョコエッグ」がこの度再販し、大量に出回っているためコンビニやスーパーでも入手しやすくなっているようです。今回は10個買って中身を紹介していきます。

あつまれどうぶつの森チョコエッグ、9ヶ月後に再販!

2月に発売されほとんど見かけないまま姿を消した「あつまれどうぶつの森チョコエッグ」が、11月16日に再販されていました!筆者は2月に1個だけ買うことが出来たのですが、その時は「つぶまめ」が出ました。

image:秒刊SUNDAY

今回の再販は大量に出回っているようで、スーパーでは「箱買い歓迎」だっため1箱(10個)お迎えすることにします。

image:秒刊SUNDAY

シークレット込で全20種類あるためコンプリートは出来ませんが、筆者の推しである「ドレミ」は出るのでしょうか!

image:秒刊SUNDAY

それでは「開封静止画」始めます!

開封前にチョコエッグを開ける際の注意。部屋の温度が20度以上ある場合、チョコが溶けてカプセルや手に付いてしまう恐れがあります。暖かい部屋で開ける場合は、冷蔵庫で冷やしてから開けた方がいいですよ。

image:秒刊SUNDAY

まずは1個目!いきなり「パッチ」が出ました!人気のどうぶつしかいないのですが、その中でも「ジュン」に次ぐ人気と思われます。出来れば欲しかったので幸先の良い出だし。それにしても200円とは思えないほどの出来の良さ。

image:秒刊SUNDAY

このペースだとしんどいので、一気に2~4個目です!「ももこ」「かもみ」「シベリア」出ました!筆者としては「カモミ」が特に嬉しい!

image:秒刊SUNDAY

続いて5~7個目です!きたぁぁぁぁあ!!「ドレミ」来ましたっ!!これだけでもう十分!「しずえ」も出来れば持っておきたいので嬉しい!「シベリア」はダブリました・・・

image:秒刊SUNDAY

最後の8~10個目!「ブーケ」「キャラメル」「たぬきち」でした!これもかなり欲しかったどうぶつばかりなので、大当たりです!それにしても造形も彩色も素晴らしい出来!

image:秒刊SUNDAY

並べるだけでニヤけてしまう出来の良さ!今回はほぼ満足な引きでしたが、唯一「ジュン」が出なかったことが悔やまれます・・・見かけたら追加で買ってしまいそうです。

image:秒刊SUNDAY

食玩系全てに言えることなのですが、食べ物はムダにせずに食べきるようにしましょう。ただ、チョコエッグって甘いのでそのまま一気に食べるわけにもいかず・・・そうだ、美味しくアレンジしてみよう!後日使いみちをお教えします!

image:秒刊SUNDAY

ずーっと再販を待っていたのですが、9ヶ月待ってようやく再販されました!小さいのにフィギュアの出来の良さが抜群なので、ついついコンプリートしたくなりますね。大人買いはあまりしない主義の筆者が、思わず箱買いしてしまいました・・・「ジュン」が出るまで買い続けるしかない!

そうそう、万一チョコエッグを長期間放置してしまったら・・・恐ろしいことになるので開けずに捨てたほうがいいかも知れません。怖いもの見たさで開封してみましょうか・・・閲覧注意です。

source:フルタ製菓(あつまれどうぶつの森チョコエッグ)

画像掲載元:SS.ナオキ

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「やっと再販、品薄が続いたあつまれどうぶつの森チョコエッグをまとめて開封してみた結果